ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 多賀城跡

埋蔵文化財|パネル展2002 多賀城跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

調査が進む多賀城の築地塀跡

5.多賀城跡(多賀城市)           

奈良・平安時代(1200年前)の陸奥国府、多賀城跡の南門西側の調査で、築地塀跡(ついじべいあと)が長さ30mにわたって確認されました。築地塀は、黄色と黒色の土を交互につき固めながら積み上げる版築(はんちく)という入念な方法でつくられた土塀です。発見されたのは築地塀の下部で幅2.7m、高さ1.5mほどが残っていました。本来の高さは4mほどと推定されます。 協力:多賀城跡調査研究所

残っていた築地塀跡交互に土を積んだ様子