ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 新田東遺跡

埋蔵文化財|パネル展2002 新田東遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

桃生城を支えた大規模な集落

7-1.新田東遺跡(河北町)

新田東遺跡は県北の沿岸部統治のために置かれた桃生城(ものうじょう)の東側に隣接しています。ここでは、桃生城と同じ時代の竪穴住居跡と掘立柱建物跡が多数見つかりました。住居跡には火災で焼けたものもあります。桃生城が774年に蝦夷(えみし)の攻撃によって焼失しているので、その際に焼失したのかもしれません。この集落の発見は桃生城に関わった人々のことを考える上で大きな意義があります。

全体の様子火災にあった住居跡