ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 泉遺跡

埋蔵文化財|パネル展2002 泉遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

明らかになる縄文人の集落

1.泉遺跡(名取市)

縄文時代前期(5800年前)の竪穴住居跡22軒と貝層が見つかりました。住居は一辺が3.5~5m程の長方形をしており、地面を掘り込んで作られています。床の中央には太い柱穴、壁際には細い柱穴が見つかりました。貝層ではアサリやシジミなど縄文人の食生活の一端を示す資料が得られました。 協力:名取市教育委員会

発見された竪穴住居群竪穴住居跡の中の様子見つかった貝層