ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展1999田尻町新田柵跡

埋蔵文化財|パネル展1999田尻町新田柵跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

八脚門発見 (6)新田柵跡(田尻町)

新田柵跡は、737年に律令政府が設置した城柵です。まわりを囲む土塀の西辺で、二ヶ所の門跡が発見されました。どちらも掘立柱式の八脚門という格式の高い門と考えられます。写真左の門が火災で焼失した後、写真右の門に移設されたものと考えられます。

協力:田尻町教育委員会

新田柵跡の画像
焼けた門跡移築された門跡
焼けた門跡移築されあt門跡