ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 市川橋遺跡

埋蔵文化財|パネル展2002 市川橋遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

交差点の一角から居宅跡

9.市川橋遺跡(多賀城市)                         

市川橋遺跡は多賀城跡の南西に広がる遺跡です。平安時代には東西・南北に走る道路で碁盤(ごばん)の目状に区割りされた都市の姿をしていました。その一区画で、7棟の掘立柱建物跡がまとまって発見されました。建物のなかには四面に廂(ひさし)の付く格調の高い建物もあることから、この区画は重要な場所であった可能性があります。 協力:多賀城市埋蔵文化財センター

見つかった建物跡の様子遺構配置図