ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展1999矢本町赤井遺跡

埋蔵文化財|パネル展1999矢本町赤井遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

古代の建物構造判明 (7)赤井遺跡(矢本町)

赤井遺跡は737年に石巻地方に置かれた牡鹿柵または牡鹿郡家と考えられています。材木塀に囲まれた建物群の中には、粘土で整地され、「地覆」という木製の基礎材の痕跡がある建物跡も発見されました。また、周辺からは「牡舎人」と墨で書かれた土器も出土しています。

協力:矢本町教育委員会

赤井遺跡の画像
「牡舎人」と書かれた土器この調査区の左奥の建物跡には基礎材の痕跡が見つかった
土器建物跡