ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展1999河北町桃生城跡

埋蔵文化財|パネル展1999河北町桃生城跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

城内最大の建物発見 (8)桃生城跡(河北町)

桃生城跡は律令政府が蝦夷支配のために築いた城柵の一つです。政庁跡の西側の丘陵で、城内最大の6間×2間の建物跡が発見されました。この建物は床張りで、雨落ち溝が巡る格の高いものですが、774年に反乱を起こした蝦夷の攻撃により焼失しました。付近の住居からは「主政」と墨で書れた土器が出土しています。
協力:多賀城跡調査研究所

河北町桃生城跡の画像
政庁跡の西側の丘陵と調査区「主政」と書かれた土器
いこうどき