ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2001

埋蔵文化財|パネル展2001

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

平成10年度 宮城の発掘調査パネル展

平成10年度 宮城の発掘調査パネル展

場所:宮城県庁1階ロビー  期間:平成14年3月25日~4月5日  担当:文化財保護課

ごあいさつ

本県には、6000ヶ所余の遺跡があります。これらは、私たちの祖先が残した貴重な遺産であり、大切に保存し後世に伝えていかなければなりません。

宮城県では、これらの保護に全力をあげておりますが、やむをえず開発等に伴って姿を消す遺跡も多く、そのための発掘調査も実施しております。

このたび、写真パネルにより本年度に実施した調査の成果を紹介いたしますので、文化財に親しみ、文化財の保護に対してご理解を深めていただければ幸いです。

なお、今回の展示にあたっては、県内各市町村の教育委員会・研究所のご協力をいただきました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

枠内の図をクリックしてください。拡大図にジャンプします。

遺跡の位置パネル展年表

本年度調査実施遺跡一覧
1.泉遺跡2.嘉倉貝塚 3.名生館官衙遺跡4.塞ノ窪古墳群5.多賀城跡
泉遺跡嘉倉貝塚名生館さいのくぼこふんたがじょうあと
6.陸奥国分尼寺7-1.新田東遺跡7-2.新田東遺跡8-1.壇の越遺跡8-2.壇の越遺跡
むつこくぶんじしんでんひがしいせきしんでんひがしいせき2だんのこしいせきだんのこしいせき
9.市川橋遺跡10-1.大貝窯跡10-2.大貝窯跡11.中野高柳遺跡12.仙台城本丸跡
いちかわばしおおがいかまあとおおがいかまあとなかのたかやぎいせきせんだいじょうほんまるあと