ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展1999宮崎町夷森(大塚森)古墳

埋蔵文化財|パネル展1999宮崎町夷森(大塚森)古墳

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

解明された古墳の構造 (3)夷森(大塚森)古墳(宮崎町)

夷森(大塚森)古墳は県北部にある4世紀末頃に造られた全長約46m・高さ約8mの大型の円墳です。墳頂直下1.7mには棺が二つ安置されていました。また、墳丘の土を積む際に直径15・程の粘土の塊が使われていることもわかりました。

協力:東北学院大学考古学研究室

古墳の画像
古墳全体 中央に埋葬施設がある墳丘の断面 積み土の中に粘土の塊がみえる
古墳全体古墳の断面