ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 名生館官衙遺跡

埋蔵文化財|パネル展2002 名生館官衙遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

古代の役所に壊された古墳

3.名生館官衙遺跡(古川市)                 

古代(1300年前)の役所跡である名生館官衙遺跡から、古墳時代後期(1500年前)ごろの円墳が発見されました。墳丘(ふんきゅう)は200年後の役所造営の時に壊されてなくなっていましたが、墳丘の周囲をめぐる溝跡と、墓壙(ぼこう)が残っていました。墓壙からは副葬品(ふくそうひん)として納められた鉄の矢尻などが見つかっています。 協力:古川市教育委員会

発見された古墳の様子墓壙の様子