トップページ > 観光・文化 > 文化 > 文化財 > 宮城県の埋蔵文化財 > 催事 > パネル展 > 埋蔵文化財|パネル展1999多賀城市市川橋遺跡

掲載日:2012年9月10日

ここから本文です。

埋蔵文化財|パネル展1999多賀城市市川橋遺跡

古代都市多賀城の大路と橋 (10)市川橋遺跡(多賀城市)

古代都市多賀城の幅23mの南北大路につけられた橋の跡が発見されました。残存する橋脚からみると、橋は幅6.5m、長さ15m以上で、直径30~40cmの丸太材が使用された大規模なものです。何度にもわたって改修されました。まさに多賀城の“朱雀大路”につく橋としてふさわしいものです。

協力:多賀城跡教育委員会

古代都市多賀城の画像
かつての川底に並ぶ橋脚の列 橋脚の根本 太い丸太が深く据えられている
橋脚の列 橋脚の根元

本文ここまでです

お問い合わせ先

文化財課埋蔵文化財第一班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3684

ファックス番号:022-211-3693

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は