ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の埋蔵文化財埋蔵文化財|パネル展2002 陸奥国分尼寺跡

埋蔵文化財|パネル展2002 陸奥国分尼寺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

解明される国分尼寺の構造

6.陸奥国分尼寺跡(仙台市)                         

国分尼寺は推定金堂跡(こんどうあと)を中心に242m四方が寺の範囲だったと考えられています。その金堂跡の北側で東西45m以上の細長い建物跡が見つかりました。建物の柱は直径30cmと太く、それを立てるために一辺1.5mの方形の柱穴が掘られていました。この建物は推定金堂の北側に位置することから、尼僧たちが寄宿していた「尼房(にぼう)」の可能性があります。国分尼寺の姿がようやく明らかになってきました。 協力:仙台市教育委員会

一列に並ぶ柱穴金堂と尼房の位置関係