ここから本文です。

研究PRパンフレット

研究PRパンフレット一覧
掲載月日 タイトル 場所
令和3年10月7日 イムノクロマト試験紙を利用したセリ感染ウイルスの診断 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
令和3年9月3日 水稲高密度播種育苗における苗質と育苗日数の目安 古川農業試験場 水田営農部
令和3年8月10日 キュウリの中位葉及び下位葉重点防除による地上部病害の抑制 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
令和3年8月10日 リンゴの省力樹形「ジョイントV字樹形」の作業時間削減 農業・園芸総合研究所 花き・果樹部
令和3年8月10日 水田を活用した露地園芸導入の手引き 農業・園芸総合研究所 情報経営部
令和3年6月15日 赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種 農業・園芸総合研究所 花き・果樹部
令和3年6月15日 大豆品種「ミヤギシロメ」の摘芯処理による生育制御法 古川農業試験場 作物栽培部
令和3年6月15日 新しい飼料作物奨励品種の紹介 畜産試験場 草地飼料部
令和3年6月15日

水稲品種「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン

古川農業試験場 作物環境部
令和2年10月1日 新しい基幹種雄牛「好久勝」号について 畜産試験場 酪農肉牛部

令和2年10月1日

草勢の異なるパプリカにおける最適な栽植密度 農業・園芸総合研究所 野菜部
令和2年8月27日 水田経営体が加工用ばれいしょ導入を検討するための試算シート 農業・園芸総合研究所 情報経営部
令和2年8月27日 1-MCP処理をしたリンゴ「サワールージュ」の加工適性評価 農業・園芸総合研究所 花き・果樹部
令和2年8月27日 水稲直播栽培における漏生イネの防除対策 古川農業試験場 作物栽培部
作物環境部
令和2年8月5日 秋冬ネギ栽培における混合堆肥複合肥料を用いた追肥回数削減効果 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
令和2年8月5日 水稲育苗箱を用いた小ネギ2作+ホウレンソウの簡易養液栽培 農業・園芸総合研究所 野菜部
令和2年7月1日 新しい飼料作物奨励品種の紹介 畜産試験場 草地飼料部
令和2年7月1日 玄米の乳白粒発生に及ぼす籾数と気温との関係 古川農業試験場 作物環境部
令和2年7月1日 気温の上昇がイネ紋枯病へ及ぼす影響 古川農業試験場 作物環境部
令和2年7月1日 宮城県版第三者認証GAP導入ガイドの活用 農業・園芸総合研究所 情報経営部
令和元年10月1日 露地電照栽培による需要期安定出荷が可能な夏秋小ギク品種 農業・園芸総合研究所 花き・果樹部
令和元年9月2日 ズッキーニ春作の安定生産技術 農業・園芸総合研究所 野菜部
令和元年9月2日 水稲(箱育苗)高密度播種における初期害虫防除法の比較 古川農業試験場 作物環境部
令和元年8月2日 6次産業化の検討に向けたチェックリスト 農業・園芸総合研究所 情報経営部
令和元年7月12日 水稲品種「だて正夢」の栽培法 古川農業試験場 作物栽培部
令和元年7月12日 落葉処理によるナシ黒星病被害軽減効果 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
令和元年6月14日 宮城県で栽培可能なブルーベリーの有望品種 農業・園芸総合研究所 花き・果樹部
令和元年6月14日 新しい飼料作物奨励品種の紹介 畜産試験場 草地飼料部
令和元年5月27日 水田土壌可給態窒素の簡易・迅速評価法とデジタル画像解析を組み合わせた推定法 古川農業試験場 作物環境部
令和元年5月27日 タマネギ「晩秋まき栽培」による6~7月連続収穫 農業・園芸総合研究所 野菜部
平成31年3月8日 キャベツ(秋冬どり)とタマネギ(春まき)の機械化一貫体系導入を検討するための「担い手経営体モデルシミュレーションシート」 農業・園芸総合研究所 情報経営部
平成31年2月21日 循環扇と各種技術を組合せたキュウリ病害の防除体系 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
平成31年1月30日 水稲湛水直播栽培べんモリ種子の長期保存方法 古川農業試験場 水田利用部
平成30年11月7日 キャベツの長期無追肥育苗による
生育斉一化技術
農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成30年10月1日 身近な低出力トラクタを利用してできる浅層暗渠の施工 古川農業試験場 土壌肥料部
平成30年10月1日 イチゴの草高,受光葉面積を計測できる3次元形状計測センサの活用 農業・園芸総合研究所 情報経営部
平成30年9月11日 増収技術と省力栽培技術を導入したブドウ「シャインマスカット」の新技術導入栽培体系 農業・園芸総合研究所 園芸栽培部
平成30年9月11日 キュウリモザイク病対策としてのウイルス弱毒株(ウイルスワクチン)接種苗の利用 農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成30年7月2日 飼料用稲奨励品種「たちあやか」 古川農業試験場 水田利用部
平成30年6月1日 大麦を利用したリビングマルチによる害虫抑制効果 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
平成30年6月1日 イチゴ新品種「にこにこベリー」 農業・園芸総合研究所 園芸栽培部
平成30年1月15日 尿素水口流入施肥を活用した
「環境保全米栽培」の施肥体系
古川農業試験場 土壌肥料部
平成29年11月1日 イチジクの品種識別技術の開発と
県内在来種の品種同定
農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
園芸栽培部
平成29年10月5日 地域低利用資源「もみ殻」利用による
繁殖育成雌豚の四肢強化対策
畜産試験場 種豚家きん部
平成29年9月4日 早期多収・省力栽培を可能にする
側枝上方誘引型リンゴジョイント栽培
農業・園芸総合研究所 園芸栽培部
平成29年8月18日 新しい飼料作物奨励品種の紹介 畜産試験場 草地飼料部
平成29年8月18日 6次産業化に取り組む県内事業者の実態と農産加工品に対する消費者ニーズ 農業・園芸総合研究所 情報経営部
平成29年8月18日 クモヘリカメムシの推定生息域 古川農業試験場 作物保護部
平成29年7月11日 ロメインレタスの安定生産技術体系 農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成29年7月11日 糯性で精麦白度が高い六条大麦
奨励品種「ホワイトファイバー」
古川農業試験場 水田利用部
平成29年6月14日 新しい基幹種雄牛「洋糸波(ひろいとなみ)」と「勝忠久(かつただひさ)」 畜産試験場 酪農肉牛部
平成29年6月14日 ミヤコバンカー®を利用したイチゴのハダニ類防除 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
平成29年5月23日

EOD-Heatingによる12月出し低温開花性
輪ギク品種の重油消費量削減

農業・園芸総合研究所 園芸栽培部
平成29年5月1日 加工用トマト収穫の作業負担を軽減する 収穫電動台車 農業・園芸総合研究所 情報経営部
平成29年3月23日 枯草菌給与による乳房炎発症の緩和 畜産試験場 酪農肉牛部
平成29年2月14日 麦類の生育ステージ予測シート 古川農業試験場 水田利用部
平成29年2月2日 新しい基幹種雄牛「茂洋美(しげひろみ)」 「洋勝忠(ひろかつただ)」 畜産試験場 酪農肉牛部

平成28年11月7日

炊飯米の食味が優れる水稲奨励品種「東北210号」 古川農業試験場 水田利用部
平成28年10月14日

イチゴ炭疽病菌潜在感染株の高感度・迅速検定法

農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成28年10月13日

青刈用ソルガム奨励品種[ブラウントウミツソルゴー」

畜産試験場 草地飼料部
平成28年8月25日

タマネギの春まき7月どり栽培技術体系

農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成28年7月22日 豚の精液性状に及ぼす環境要因の影響 畜産試験場 種豚きん部
平成28年6月17日 水稲育苗箱を用いたミズナ・リーフレタス等の簡易養液栽培 農業・園芸総合研究所 園芸栽培部
平成28年6月14日 オリサストロビン耐性剤イネいもち病菌の発生状況 古川農業試験場 作物保護部
平成28年5月16日

夏期の園芸施設内におけるファン付き作業着(商品名:空調服)の効果的利用

農業・園芸総合研究所 情報経営部

平成28年3月31日

リアルタイムPCR法を用いたアブラナ科野菜根こぶ病菌の簡便・高感度検出 農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成28年3月16日 乳苗疎植技術による春作業の省力・経費削減効果 古川農業試験場 水田利用部
平成28年2月25日 津波被災農地における緑肥作物による土壌物理性の改善 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
平成28年1月29日 水田の高度利用による飼料用稲-麦二毛作 畜産試験場 草地飼料部
平成28年1月7日 イネ紋枯病の防除要否判断の目安 古川農業試験場 作物保護部
平成27年12月1日 水稲におけるリン酸減肥に関する施肥基準 古川農業試験場 土壌肥料部
平成27年10月21日

膨潤発酵処理米を給与した黒毛和牛種肥育牛の肉の特徴

畜産試験場 酪農肉牛部
平成27年9月8日 寒玉系キャベツの夏まき冬どり栽培技術体系 農業・園芸総合研究所 バイオテクノロジー開発部
平成27年8月20日 紫外線照射(UV-B)によるイチゴうどんこ病の防除 農業・園芸総合研究所 園芸環境部
平成27年7月21日 大豆作におけるディスク式中耕培土機による雑草駆除 古川農業試験場 水田利用部
平成27年6月12日 一季成りイチゴのクラウン温度制御技術 農業・園芸総合研究所 園芸栽培部

分野別一覧(平成30年度まで)

分野別一覧(令和元年度から)

農業系三場所に戻る

お問い合わせ先

農業・園芸総合研究所企画調整部

名取市高舘川上字東金剛寺1(代表)

電話番号:022-383-8118

ファックス番号:022-383-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は