ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業技術支援 赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月15日更新

宮城県農業・園芸総合研究所         

赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種 [PDFファイル/782KB]

                花き・果樹部 花きチーム TEL:022-383-8136

研究の目的

 近年の温暖化の影響により,露地ギク栽培における夏秋期の需要期安定出荷が困難になってきています。そこで,赤色LEDランプ(消費電力が少なく,キク類の開花抑制効果が高い赤色光を発する光源)を用いた露地電照栽培で,8月盆と9月彼岸の需要期出荷可能な夏秋ギク品種を明らかにしました。

 研究成果 

 露地ギク栽培において,無電照栽培で需要期前に開花し,赤色LEDランプ照射による開花抑制効果が高く,需要期まで開花抑制が可能であり,しかも,高温耐性が比較的高い夏秋ギク品種は,8月盆出荷作型では小ギク「精はんな」,「精はなこ」,「舞人」,「精しらあや」,「精きくゆう」,「精はなば」,スプレーギク「シューフェアリー」,「シューオレンジフェアリー」,「セイスピカ」,「セイパレット」であることがわかりました。同様に,9月彼岸出荷作型では小ギク「よしの」,「秀こまき」,「精しずえ」,「精きくゆう」,「精たからぼし」,スプレーギク「セイパレット」,「セイマオン」,輪ギク「精の東」,「精州」であることがわかりました。

 図1 8月盆出荷作型において赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

図1 8月盆出荷作型において赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

図2 9月彼岸作型において赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

図2 9月彼岸作型において赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種

利活用の留意点等  

 消灯日から開花日までの到花日数は,地域により異なる可能性があります。このため,栽培地での到花日数の確認が必要です。
 本研究は,食料生産地域再生のための先端技術展開事業「花きの計画生産・出荷管理システムの実証研究」により実施しました。

 より詳しい内容は「普及に移す技術」第96号(令和3年発行)「赤色LEDランプを用いた露地電照栽培に適する夏秋ギク品種」をご覧ください。
 https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/res_center/hukyuu-index.html

QRコード

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)