ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業技術支援 水稲品種「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン

水稲品種「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月15日更新

宮城県古川農業試験場      

 水稲品種「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン [PDFファイル/249KB]

作物環境部 環境化学チーム TEL:0229-26-5107

研究の目的

 水稲栽培において籾数を適正な数に制御することは,収量確保,品質向上,倒伏軽減などの点から重要です。これまで「ひとめぼれ」と「ササニシキ」では適正籾数を得るための窒素吸収パターンが示されており,本研究では「だて正夢」におけるその窒素吸収パターンを明らかにすることを目的としました。

 研究成果 

  • 籾数は「幼穂形成期」及び「幼穂形成期~穂揃期」の窒素吸収量と密接な関係があり,その生育ステージでの窒素吸収量を制御することで「だて正夢」における適正籾数30~34千粒/m2を得ることができます。
  • 「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターンを表1に示しました。「幼穂形成期」の窒素吸収量を4.0~5.0g/m2に制御すると適正籾数を得やすくなります。
  • 「幼穂形成期」,「穂揃期」の窒素吸収量と籾数を自動算出できる表計算シート(Microsoft Excel®)を作成しました(図1)。算出した窒素吸収量・籾数と肥培管理履歴をもとに次年度の施肥設計の参考とすることができます。なお,この表計算シートは「ひとめぼれ」と「ササニシキ」にも対応しています。

表1 「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン

「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン

表計算シート(図中は「籾数」を算出するシート)

図1 表計算シート(図中は「籾数」を算出するシート)

利活用の留意点等  

  図1の表計算シートのファイル容量は2MB程度で,宮城県古川農業試験場作物環境部により入手可能です。表計算シートの使用に当たっては,必ず表計算シート内にある「使用上の注意」及び「操作方法」をご覧ください。

より詳しい内容は「普及に移す技術」第96号(令和3年4月発行)「水稲品種「だて正夢」で適正籾数を得るための窒素吸収パターン」をご覧ください。

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/res_center/fukyugi96no7.html

QRコード

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)