ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす医療政策課宮城県周産期医療機能調査について

宮城県周産期医療機能調査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月29日更新

宮城県周産期医療機能調査について

  1. 調査の目的  国の「周産期医療の体制構築に係る指針」に基づき,県内の各周産期医療関係施設の実態を把握し,周産期医療体制整備に役立てるため
  2. 実施主体   宮城県
  3. 調査対象   県内の産婦人科,産科,婦人科を標榜している医療機関等 

平成30年度宮城県周産期医療機能調査を実施します。【NEW】

調査対象期間

平成29年1月1日から12月31日まで(調査時点は平成30年4月1日現在)

調査票

1 調査票1 周産期母子医療センター [Excelファイル/93KB]
2 調査票2 分娩取扱病院 [Excelファイル/80KB]
3 調査票3 分娩取扱診療所 [Excelファイル/76KB]
4 調査票4 妊婦健診のみ実施を含む非分娩取扱医療機関 [Excelファイル/33KB]
5 調査票5 助産所 [Excelファイル/52KB]

提出期限

平成30年7月31日火曜日

提出方法

電子メール(tiikii1@pref.miyagi.lg.jp)又はFAX(022-211-2694)にて

宮城県医療政策課(地域医療第一班)に提出

 

平成29年度調査結果

宮城県周産期医療機能調査結果 [PDFファイル/56KB]

調査対象

  1. 県内の分娩施設 44施設(周産期母子医療センター11施設,分娩施設30施設,分娩助産所3施設)
  2. 上記1以外で産科・婦人科・産婦人科を標榜している施設 87施設
  3. 分娩を取り扱っていない助産所(出張のみを含む) 27施設

調査対象期間

 平成28年1月1日から12月31日まで(時点調査は平成29年4月1日現在)          

回収率

 79.7%(126/158施設)
 分娩施設    97.8%(43/44)
 分娩施設以外 72.8%(83/114)

平成28年度調査結果

宮城県周産期医療機能調査結果 [PDFファイル/184KB]
※内容に一部誤りがあり修正しました【平成30年1月31日】

調査対象

  1. 県内の分娩施設 
  2. 上記1以外で産科・婦人科・産婦人科を標榜している施設
  3. 分娩を取り扱っていない助産所等                    152施設・部門

調査対象期間

 平成27年1月1日から12月31日まで(時点調査は平成27年4月1日現在及び平成28年4月1日現在)                            

回収率

 84.2%(128/152施設・部門)※分娩施設は全施設が回答 

平成27年度調査結果

宮城県周産期医療機能調査結果 [PDFファイル/193KB]

調査対象

  1. 県内の分娩施設
  2. 上記以外で産婦人科・産科・婦人科を標榜している医療機関         計 129施設・部門

調査対象期間

  平成26年1月1日から12月31日まで(時点調査は平成24年12月1日現在)

回収率

  72.9%(94/129施設・部門)※廃院等の4ヶ所は含めず

平成26年度調査結果

宮城県周産期医療機能調査結果 [PDFファイル/177KB]

調査対象

  1. 県内の分娩施設
  2. 妊婦健診のみ実施している施設
  3. 院内助産所
  4. 標榜をしているが妊婦健診をしていない施設
  5. 助産所                            計 149施設・部門

調査対象期間

  平成25年1月1日から12月31日まで(時点調査は平成24年12月1日現在)

回収率

  97.9%(142/145施設・部門)※廃院等の4ヶ所は含めず

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)