ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度地域経済構造分析推進事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月25日更新

平成30年度地域経済構造分析推進業務報告書

1 業務の目的

  • 東日本大震災から7年が経過し,宮城県内では復旧・復興は着実に進んでいるものの,人口減少に伴う国内市場の縮小や,国内外での地域間競争の激化など,地域経済を取り巻く環境はますます厳しさを増しており,企業側からの応募を主とした従来型の企業支援による地域経済の抜本的な課題解決は困難さを増しています。
  • このような状況のなか,地方創生の実現等に向けて取り組んでいく上では,限られた資源で最大限の政策効果を発揮させることが求められており,宮城県はもとより,宮城県内の市町村等行政関係機関のほか,地域の産業支援団体等においてもデータに基づく政策立案(EBPM)を促進する必要があります。
  • そのため,国が提供する地域経済分析システム(RESAS)及びその他の行政機関や民間のビッグデータ,統計データ等を活用し,県内企業の取引創出・拡大に向けた施策を立案する上で特に有益な結果が得られるよう,医療・健康機器分野における企業間の取引構造をテーマに分析を行うとともに,その分析結果を関係者と共有することを通じてEBPMの普及を図るものです。

2 調査内容

  • 宮城県で重点分野として位置づけている「医療・健康機器」の製造業における取引構造の分析

   報告書【概要版】 [PDFファイル/882KB]

   報告書 [PDFファイル/3.52MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)