掲載日:2022年1月7日

ここから本文です。

廃止届

概要

  • 薬局、店舗、営業所を廃止した場合に、廃止した日から30日以内に提出するもの。

提出書類

提出部数

  • 1部(控えも1部作成することをおすすめします)
    ※薬局を廃止する場合であって,保険薬局を併せて廃止する場合は,必ず控えを1部持参してください。
    東北厚生局で保健薬局の廃止手続をする際に必要です。

手数料

  • なし

受付時間・受付窓口

  • 月~金曜日 午前9時から午後5時まで(祝日及び年末年始は除く)
  • 薬局を管轄する保健所・支所(仙台市内は仙台市役所)

その他

  • 薬局の廃止から15日以内に覚醒剤原料に関する所有数量報告書(ワード:16KB)を提出してください。
    なお,覚醒剤原料の所有がない場合も提出する必要があります。
  • 薬局を廃止した際に,覚醒剤原料を所有していた場合は下記の手続きが必要となります。
    【覚醒剤原料を他の薬局に譲渡する場合】
    薬局を廃止してから30日以内に譲渡報告書(ワード:16KB)を提出してください。
    【覚醒剤原料を廃棄する場合】
    廃棄には,薬務課又は管轄する保健所・支所の職員の立会いが必要となります。
    薬局を廃止してから30日以内に処分願出書(ワード:16KB)を提出してください。

お問い合わせ先

薬務課監視麻薬班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県行政庁舎6階 保健福祉部薬務課

電話番号:022-211-2653

ファックス番号:022-211-2490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は