トップページ > 健康・福祉 > 医薬・薬物 > 医薬 > アセトアミノフェン製剤の安定供給について

掲載日:2022年8月19日

ここから本文です。

アセトアミノフェン製剤の安定供給について

  • 今般、新型コロナウイルス感染症患者の増加に伴い、解熱鎮痛薬であるアセトアミフェン製剤の需要が急増しています。
  • ついては、別添の日本小児科学会からのアセトアミノフェン製剤の安定供給に関する要望等をふまえ、小児など必要とされている方へ安定的に継続してアセトアミノフェン製剤を供給することができるよう、医療機関及び薬局等の医療関係者の皆様には、下記について、御協力と御配慮をお願いします。
  1. アセトアミノフェン製剤については、返品が生じないよう、買い込みは厳に控えていただき、当面の必要量に見合う量のみの購入をお願いします。
  2. 解熱鎮痛薬として、アセトアミノフェン製剤だけでなく、代替薬として他の解熱鎮痛薬(イブプロフェン、ロキソプロフェンなど)の使用についても考慮してください。その際、1.と同様に買い込みを厳に控えてください。

(参考)

【事務連絡】アセトアミノフェン製剤の安定供給について(PDF:76KB)

【別添】小児用アセトアミノフェンの安定供給に関する要望書(PDF:182KB)

お問い合わせ先

薬務課監視麻薬班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県行政庁舎6階 保健福祉部薬務課

電話番号:022-211-2653

ファックス番号:022-211-2490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は