ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

廃棄物の処理に関して

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

廃棄物の処理

廃棄物は排出、保管、収集運搬の各段階で、適正な処理が必要です。

野外焼却の禁止について

廃棄物の野外焼却は、一定の例外を除き禁止されています。違反した場合には、5年以下の懲役、1000万円以下の罰金が科せられます。

〈例外〉

1. 廃棄物処理基準に従って行う廃棄物の焼却

環境省令で定める構造を有する焼却設備を用いて、環境大臣が定める方法により行う焼却

2. 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却      

家畜伝染病予防法に基づく患畜又は疑似患畜の死体の焼却
森林病害虫等防除法による駆除命令に基づく森林病害虫の付着している枝条又は樹皮の焼却など

3. 公益上若しくは社会の習慣上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が
        軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

政令で定める廃棄物の焼却とは

  1. 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  2. 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
  3. 風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  4. 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  5. たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの