ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす建築宅地課スクールゾーン内の危険ブロック塀の緊急安全点検の実施について

スクールゾーン内の危険ブロック塀の緊急安全点検の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月6日更新

 平成30年6月18日に発生した大阪北部地震によるブロック塀倒壊事故を受け,県では,危険性の高いブロック塀等の緊急安全点検を行いますのでお知らせします。

 

1 安全点検目的

 平成30年6月18日に発生した大阪北部地震によるブロック塀倒壊事故を受け,ブロック塀等の倒壊等による事故を防止するため,危険性の高いブロック塀等の緊急安全点検を行う。(仙台市を除く)

 

2 安全点検の内容等

 県内小学校のスクールゾーン内にある危険性の高いブロック塀等88箇所(※)を状況確認し,所有者等への改善の指導を行う。

 

3 安全点検期間

 平成30年6月20日(水曜日)から6月29日(金曜日)まで

 

4 安全点検機関

 県土木事務所(市町村と連携して実施)

 特定行政庁(石巻市及び大崎市にて実施)

 

5 安全点検結果の公表

 平成30年7月9日(月曜日)までに県のホームページで公表する予定。

 点検結果については,市町村及び市町村教育委員会に情報提供する。

 

(※)『危険性の高いブロック塀等について』 県では,平成14年に仙台市を除く県内337小学校の「スクールゾーン内コンクリートブロック塀等実態調査」を実施し,全8,193箇所のうち,倒壊等の恐れがある特に危険なブロック塀等が536箇所あることが明らかになった。その後,「ブロック塀等地震対策総合事業」による助成や戸別訪問指導などにより,危険性の高いブロック塀等の除去の促進を図っており,平成29年度の追跡調査では88箇所まで減少している。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。