ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす薬務課覚せい剤原料の廃棄の手続き

覚せい剤原料の廃棄の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月14日更新

覚せい剤原料の廃棄について


病院,診療所,飼育動物診療施設,薬局等の開設者又は覚せい剤原料研究者は,所有する医薬品である覚せい剤原料を廃棄しようとするときには,「覚せい剤原料廃棄届出書」により, 管轄する保健所・支所(仙台市内にあっては県庁薬務課)に届け出て,覚せい剤監視員の立会のもとに行わなければなりません。

なお,対象となる覚せい剤原料は以下の通りです。

 ・入院患者の死亡や処方変更等により病棟に残存されたもの

 ・陳旧品(使用見込みのないものを含む。)

 ・落下等により調剤に適さなくなったもの

なお,廃棄立会後は廃棄完了報告書により,管轄保健所・支所(仙台市内は薬務課)に報告願います。

様式: 覚せい剤原料廃棄届 [Wordファイル/25KB]      廃棄完了報告書 [Wordファイル/20KB]

記入例: 覚せい剤原料廃棄届(記入例) [Wordファイル/33KB]      廃棄完了報告書(記入例) [Wordファイル/47KB]