ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緊急対策工事(平成17年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年4月3日更新

 総合対策検討委員会の提言を受け,平成17年に処分場の東側のり面対策や発生ガス処理施設の設置などの緊急対策工事を実施しました。

平成17年竹の内第1-001号  場内排水施設設置工事(平成17年6月3日~平成17年7月29日)

工事概要

  • 集水桝(2000×2000×3000)設置 1基 
  • 排水ポンプ設置 常用 :1月5日kw 0.20立方メートル/min 1台 非常用:5.5kw 1月5日0立方メートル/min 1台
  • 配電工 一式
  • 排水管設置 VPφ50:66m VPφ100:66m VUφ200:206m

工事内容

 施設外西側排水は施設内水路及び村田町管理水路等を通じて荒川へ排出されていましたが,施設内水路は排水に支障を来している部分があり,施設外では例年,冠水被害が生じ,また,施設内においても、排水能力低下に伴う冠水が生じた場合,廃棄物層への浸水も懸念されたことから,西側に集水槽及び排水ポンプを設け,常時,非常時(現ポンプの能力同等)の自動切り替えを実施し,現在の流末(町管理水路)への直結ルートによる管路を設置しました。

場内排水施設設置工事

平成17年竹の内第1-002号 場内安全対策施設設置工事(平成17年6月10日~平成17年7月29日)

工事概要

  • 立入防止柵設置 L=154m 
    金網:ビニル被覆 3.2×50mm
    支柱:塗装 H=1800
    基礎ブロック:20×20×45cm
  • ネットフェンス用門扉(管理用) 4箇所 
    規格:W1000、塗装、片開
  • 立入禁止標識設置  8枚

工事内容

 施設内の危険箇所に,フェンスを設置し立入を防止するとともに,管理用の出入り門扉を設置しました。

立入防止柵及び門扉設置箇所

1施設南端沈殿池周辺  フェンスl=83.8m門扉2箇所

場内安全対策施設設置工事施設南端沈殿池周辺

2元焼却施設近接焼却灰保管庫周辺  フェンスl=27.9m 門扉1箇所

場内案全対策施設設置工事元焼却施設近隣焼却灰保管庫周辺

3元焼却施設通路脇洗浄施設(水槽)周辺 フェンスl=42.9m 門扉1箇所

場内安全対策施設設置工事元焼却施設通路脇洗浄施設(水槽)周辺

平成17年竹の内第1-003号 場内法面対策工事(平成17年72~平成17年930

工事概要

  • 透水マット(平面排水材t=20mm):1,443平方メートル
  • 遮水シート(t=1月5日mm 廃棄物処理場用): 1,647平方メートル
  • U型側溝設置 200.9m
    U-360×360:109.9m
    U-450×450:91.0m
  • 既設側溝改良工 238.0m
    既設U-700×700:90.0m
    既設U-800×800:148.0m 
  • 集水桝(900×900)設置:1基
  • 集水ポンプ設置:2基

工事内容

 場内法面対策工事施工前
施工前

場内法面対策工事施工後
施工後

平成17年竹の内第1-004号 場内ガス処理施設設置工事(平成17年7月29~平成17年930

工事概要

ガス処理施設

  • ガス吸引ファン設置 2台
  • 脱硫塔(600mm)設置 1塔
  • 活性炭吸着塔(200mm)設置 2塔
  • 連結管路設置 一式
  • 配電設備 一式

付属施設

  • 水道管(20mm)設置 L=110m
  • 上屋工 一式 

工事内容

 003号工事で密閉された法面のガスを,埋設有孔管を通じて収集して処理する施設を設置しました。

場内ガス処理施設設置工事