ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業雇用・労働企業向け雇用支援テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインについて

テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月25日更新

テレワークを有効に活用しましょう!

 令和3年3月25日、厚生労働省は、「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」(平成30年2月)を「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」(雇用型テレワークガイドライン)に改定しました。

 テレワークは、ウィズコロナ・ポストコロナの「新たな日常」、「新しい生活様式」に対応した働き方であると同時に、働く時間や場所を柔軟に活用することができる働き方として、更なる導入・定着を図ることが重要です。

 本ガイドラインは、使用者が適切に労務管理を行い、労働者が安心して働くことができる良質なテレワークを推進するため、テレワークの導入及び実施にあたり、労務管理を中心に、労使双方にとって留意すべき点、望ましい取組等を明らかにしたものです。テレワークを導入される際は、本ガイドラインに沿った適切な対応をお願いします。

 また、中小事業主がテレワークを新規導入した場合、申請により人材確保等支援助成金(テレワークコース)が支給される場合があります。

【厚生労働省ホームページへのリンク先】

○ 改定されたガイドラインについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html

 

○ 人材確保等支援助成金(テレワークコース)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/telework_zyosei_R3.html

 

【テレワーク総合ポータルサイト】
https://telework.mhlw.go.jp/

 

 

お問合せ先

宮城労働局 雇用環境・均等室

電話番号:022-299-8844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。