ここから本文です。

宮城県にはどれくらいの量の汚染廃棄物があるの?

宮城県の農林業系廃棄物の量

宮城県の汚染廃棄物の大半が,通常の一般廃棄物と一緒に処理できる8,000Bq/kg以下のものです。(下図橙色部分)
指定廃棄物(3,413トン)を除く8,000Bq/kg以下の汚染廃棄物は,36,045トンあります。(平成29年6月現在)

おせんはいのそくていけっか

そして,8,000Bq/kg以下の中でも最も多いものは,濃度の低い100Bq/kg以下の汚染廃棄物で,全体で見ても86%が1,000Bq/kg以下となっています。8,000Bq/kg以下の汚染廃棄物の平均濃度は423Bq/kgです。
県内の農林業系廃棄物の保管状況の詳細はこちら(PDF:69KB)

おせんはいのうどくぶんぐらふ

農林業系廃棄物の濃度別内訳(平成29年6月現在)
濃度 数量(トン)
100Bq/kg以下 12,452
400Bq/kg以下 9,755
1,000Bq/kg以下 8,583
2,000Bq/kg以下 2,671
3,000Bq/kg以下 505
4,000Bq/kg以下 491
6,000Bq/kg以下 917
8,000Bq/kg以下 671
合計 36,045

(四捨五入の関係で合計が一致しない場合があります。)

豆知識:100Bq/kgってどれくらい? -食品の基準-

東京電力福島第一原子力発電所の事故直後,高濃度の放射性物質を含む食品が流通しないよう,緊急時の対応として食品衛生法上の暫定規制値が定められました。

暫定規制値でも健康への影響はないと評価されていましたが,より一層安全と安心を確保するため,食品から受ける放射線量の条件値を2012年4月に年間5ミリシーベルトから,1ミリシーベルトに引き下げられました。
食品中の放射性物質の基準値(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

年間追加被ばく量が,1ミリシーベルトを超えないように算出された規制値が,一般食品で100Bq/kgです。これは乳幼児をはじめ,全ての世代に配慮した基準であり,100Bq/kgを超えると出荷制限などの措置がとられます。

しょくひんとうのほうしゃせいせしうむのきじゅんち

よくある誤解:こんなに違う!放射能濃度

「汚染廃棄物」は「原子力施設から発生する放射性廃棄物」のようなものではないかと心配する声がありますが,これらは全く違うものです。おせんはいとほうしゃせいはいきぶつのちがい

どうやって処理するの?
放射性物質汚染廃棄物対策室のTOPに戻る

お問い合わせ先

放射性物質汚染廃棄物対策室(対策班)

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2647

ファックス番号:022-211-2390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は