ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農業政策スマート農業機械現地実演会が開催されました
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報石巻スマート農業機械現地実演会が開催されました

スマート農業機械現地実演会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月22日更新

令和元年8月22日、宮城県を代表機関とする「超低コスト『輸出米』生産実証コンソーシアム」が主催し、
東松島市野蒜で、スマート農業機械現地実演会が開催されました。

研修「水田管理作業のスマート農業技術の活用」

ドローンの活用

ドローン活用の説明
(ドローンによるほ場管理の説明)

飛行経路を登録した自動で飛行するドローンにより、ほ場を撮影します。
ドローンによる撮影から葉色・植被率を色分けし、
この色分けをもとに、追肥の判断などを行うことができます。

給排水遠隔制御装置の仕組み

水管理システムの解説
(給排水遠隔制御装置の説明:右の方が抱えているのが給排水を行う装置です)

スマートフォンで水位を設定すると、自動でバルブを開閉し水管理を行う装置です。
また、設定した時間にかんがい開始・終了を行うこともできます。
直接ほ場に出向く必要がなくなるため、水管理にかかる負担が軽減されます。

現地実演

ドローンによる散布作業

使用されたドローン
(使用されたドローン)

あらかじめほ場のデータを登録したドローンは自動でほ場を往復し、散布作業を続けてゆきます。
従来の人力散布よりも、大幅な省力化が期待できます。

このドローンは10Lの薬液タンクを持ち、1フライトで1haの散布を行うことができるとのことです。

飛行するドローン
(散布作業を行いながら飛行するドローン)

「ラジコン草刈り機」による除草作業

リモコンにより遠隔操作された「ラジコン草刈り機」は前進と旋回を繰り返し、足下の草を刈り取ってゆきました。
この「ラジコン草刈り機」は傾斜角度40度の法面まで作業可能とのことです。

ラジコン草刈り機

 

 

 

ほ場の水稲
(ほ場の水稲は、少しずつ色づきつつあります。実りの秋は間近です。)