ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉仁斗田貝塚

指定文化財〈県指定史跡〉仁斗田貝塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

仁斗田貝塚(石巻市)

【概要】

 石巻港より東南約15kmの海上に位置する田代島に所在する。同島仁斗田地区北部の、海に東面した崖上標高20~23mの丘陵上に立地している。遺跡の規模は平坦部を中心に東西85m、南北85mである。貝層は平坦部の縁辺から北側と南側の急斜面にかけて分布し、規模は北側が45×14m、南側が55×15mである。貝層を構成する貝類はアワビ・サザエなど岩礁性のものが多く、立地条件を明瞭に反映している。縄文時代前期~後期の遺物が出土しているが、主体は中期後半である。土器・石器のほか、骨角製の錨形釣針、古式離頭鈷、閉窩式鈷などすぐれた漁携具が出土している。

【関連史跡】

国指定史跡:西の浜貝塚(松島町)大木囲貝塚(七ヶ浜町)長根貝塚(涌谷町)沼津貝塚(石巻市)

県指定史跡:平田原貝塚(東松島市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1975年4月30日
所在地石巻市田代浜字仁斗田
見学自由
アクセス(船)石巻・旧北上川河口船着場から船で45分、下船後徒歩5分

貝塚遠景