ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉寺崎の法印神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉寺崎の法印神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月4日更新

寺崎の法印神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|石巻市(旧桃生町)|

昔は鎮守の祭礼に社前に特殊な舞台を設け、厳重なしきたりのもとに山伏のみ演じた。明治以後修験道が停廃してからは、一般の人々にも伝承され今日に及んだ。実に優美、勇壮、荘厳な神楽であり、動作に宗教的秘法も含まれる。演目は33番あり、大神楽舞となると3日間を要する。古くより八幡神社祭典に奉納され、毎年9月15日(現在は9月中旬の日曜日)に演舞する。

法印神楽