ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉平田原貝塚

指定文化財〈県指定史跡〉平田原貝塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

平田原貝塚(東松島市)

【概要】

 大塩丘陵から東に突き出た標高8mの舌状台地上に立地する。縄文時代早期から中期の遺跡であり、また奈良・平安時代の土師器も採集されている。
 遺跡の規模は東西150m、南北100mで、北斜面、北東斜面と南斜面の3ヶ所に貝層が形成されている。昭和43年に最も規模の大きい南斜面の貝層の発掘調査が行われた。貝類は大半がハマグリであり、縄文前期前葉の土器・石器とともに、貝製品(貝刃)、貝類・獣骨・魚骨等の自然遺物が出土している。当時の狩猟・漁携などの生業活動を知る上で重要な遺跡である。

【関連史跡】

国指定史跡:西の浜貝塚(松島町)大木囲貝塚(七ヶ浜町)長根貝塚(涌谷町)沼津貝塚(石巻市)

県指定史跡:仁斗田貝塚(石巻市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1974年4月30日
所在地東松島市大塩字平田原
見学自由
アクセス(車)三陸道矢本ICから10分 (鉄道)仙石線矢本駅から車で10分

貝塚現況