ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈史跡〉長根貝塚

指定文化財〈史跡〉長根貝塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

長根貝塚(遠田郡涌谷町)

【概要】

 大貫丘陵から東に細長く延びる標高13mほどの丘陵上に立地し、東西300m、南北250mに及ぶ県内有数の規模をもつ「U」字形の貝塚である。貝層は、縄文時代のすべての時期にわたるが、大部分は前期~中期に属している。時期により貝類の構成が異なっており、早期はカキ・ハマグリなどの鹹水産のもの、前・中期はヤマトシジミなど汽水産のもの、後・晩期はタニシなど淡水産のものからなり、時代が降るにつれて海岸線が徐々に後退していった事実を証明している。
昭和43年の発掘調査で、県内では初めて縄文時代中期末の竪穴住居跡2軒が完全な形で発見され、前期末から中期にかけての土器・石器・骨角器などが出土している。縄文時代の内陸部での漁携活動や集落を研究する上で重要な意義を持っている。

【関連史跡】

国指定史跡:梁瀬浦遺跡(角田市)中沢目遺跡(大崎市)西の浜貝塚(松島町)里浜貝塚(東松島市)沼津貝塚(石巻市)

県指定史跡:平田原貝塚(東松島市)仁斗田貝塚(石巻市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1970年3月9日
所在地遠田郡涌谷町小里字長根北ほか
見学自由
アクセス

(車)三陸道松島北ICから40分   (鉄道)石巻線涌谷駅から車で15分

 

竪穴住居跡貝層断面と大木6式土器