ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす疾病・感染症対策室指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会

指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月5日更新

指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会について

事業目的

指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会条例に基づき、難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)第5条第1項に規定する指定難病及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2第1項に規定する小児慢性特定疾病の患者等に対する医療の確保並びに特定疾患,先天性血液凝固因子障害等,スモンに対するはり,きゅう及びマッサージ並びに遷延性意識障害に関する治療研究事業の適正かつ円滑な推進について審議するため設置されています。

組織

協議会は30人以内の委員で構成されています。

委員

委員は、学識経験を有する者のうちから、知事が任命することとされています。

協議会の開催のお知らせ

平成30年度指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会(平成31年2月12日開催) [PDFファイル/86KB]

とき

平成31年2月12日(火曜) 午後5時から午後6時まで

場所

仙台市青葉区本町3丁目8番1号

宮城県行政庁舎 11階 第2会議室

議題

(1)会長及び副会長の選出

(2)委員会委員の指名

(3)報告事項

会議録・会議資料

会議録 [PDFファイル/327KB]

次第・出席者名簿・座席表 [PDFファイル/207KB]

資料1 指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会条例 [PDFファイル/163KB]

資料2 役員選出用名簿・委員名簿 [PDFファイル/153KB]

資料3 宮城県の難病等患者に対する支援の状況について [PDFファイル/445KB]

参考資料 宮城県遷延性意識障害者治療研究事業実施要綱 [PDFファイル/347KB]

問合せ先

宮城県指定難病等及び遷延性意識障害対策協議会事務局

(宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室難病対策班)

電話 022-211-2465

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)