ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす疾病・感染症対策課小児慢性特定疾病の指定医について

小児慢性特定疾病の指定医について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月21日更新

小児慢性特定疾病指定医について 

小児慢性特定疾病医療費助成制度は指定医制度を導入しているため,医療費助成を受けるためには,申請者が,知事の定める医師(「指定医」)が作成した医療意見書を添えて,申請する必要があります。

指定医の指定を受けるためには,医師が勤務する指定医療機関の所在地である都道府県(政令・中核市の場合は当該市)へ申請いただく必要があります。また,複数医療機関に勤務し,各医療機関で医療意見書を作成する場合は,それぞれの医療機関の所在地の都道府県及び政令・中核市へ申請が必要になります。

例として,宮城県と仙台市の医療機関で医療意見書を作成する場合,それぞれの自治体に指定の申請をする必要があります。

小児慢性特定疾病指定医一覧 [Excelファイル/25KB](※令和3年2月現在)

・仙台市内の医療機関に勤務する医師については,仙台市に御確認ください。

 

指定医の指定を受けるためには,申請手続が必要です。以下の要件等を御確認の上,必要な書類を揃えて申請してください。

1.小児慢性特定疾病指定医

1-1.要件

以下の(1)及び(2)の要件を満たした上で,(3)又は(4)のどちらかの要件を満たすこと。

(1) 診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。

(2) 診断書を作成するのに必要な知識と技能を有すること。

(3) 厚生労働省が定める学会が認定する専門医の資格(以下のリストを御確認ください。)を有すること。

厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格 [PDFファイル/279KB]

(4) 宮城県知事が行う研修を修了していること。

※宮城県が実施する研修の詳細は,「2 オンライン研修の実施について」を御覧ください。

1-2.責務

指定医は,5年ごとに更新が必要となります。

申請内容に変更があったときは,変更のあった事項及びその年月日を,宮城県知事に届け出る必要があります。

1-3.有効期間

宮城県が申請書類を収受した日の属する月の初日から5年間以内

1-4.申請手続

次の(1),(2)及び(3)又は(4)の書類を宮城県に提出してください(郵送可)。
なお,各申請書様式の押印欄への押印は不要です。

(1) 指定医指定申請書兼経歴書

指定医指定申請書兼経歴書 [Wordファイル/64KB]

指定医指定申請書兼経歴書(記入例) [PDFファイル/272KB]

(2) 医師免許の写し

※以下の(3),(4)については,申請いただく区分により,必要な書類を添付してください。

(3) 専門医に認定されていることを証明する書類の写し

必ず申請日時点で有効なことが確認できるもの(有効期間の記載があるもの)を御提出ください。

お持ちの専門医証等に有効期間の記載がない場合は,学会の方に御相談いただき,証明書等を発行してもらってください。

(4)小児慢性特定疾病指定医の指定に係る研修を修了したことを証する書類

【提出先】
〒980-8570
宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県庁舎7階南側
宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室難病対策班

2. オンライン研修の実施について

宮城県では,小児慢性特定疾病指定医研修をオンライン研修として実施します。

【研修受講から指定医申請までの流れ】

(1) 「小児慢性特定疾病指定医研修サイト」にアクセスし,研修を受講

小児慢性特定疾病指定医研修サイトURL…https://www.sdtweb.jp/(外部リンク

※研修の受講方法等については,当該研修サイト内で御確認ください。

(2) 修了証を印刷

(3) 修了証の写しと指定医申請に必要な書類を併せて,宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室へ提出

【受講対象者】

「小児慢性特定疾病指定医」として新規申請を行う医師のうち,厚生労働省が定める専門医の資格がない医師(専門医資格を取得していたが,当該資格の更新申請をしていない等の理由により小児慢性特定疾病指定医の申請日時点で当該資格の有効期間が切れている医師を含む)

3. 指定医に関するその他各種手続様式

指定の更新を受ける場合や,指定内容に変更等が生じた場合は,次のとおり申請をお願いします。
なお,各申請書様式の押印欄への押印は不要です。

3-1.指定医指定通知書の再交付(汚損,亡失による)

指定医指定通知書再交付申請書 [Wordファイル/54KB]

指定医指定通知書再交付申請書(記入例) [PDFファイル/200KB]

3-2.指定医の指定内容変更(主たる勤務先,氏名等)

氏名,現住所,主たる勤務先の医療機関(仙台市を除く宮城県内の医療機関への変更に限る。)等に変更があった場合は,以下の変更届により届け出てください。

氏名の変更の場合は,必ず氏名の変更の履歴がわかる書類(戸籍抄本(原本)や運転免許証の写し等で,旧氏名と新氏名が確認できるもの)を添付してください。

指定変更届出書 [Wordファイル/61KB]

指定変更届(記入例) [PDFファイル/246KB]

3-3.指定医の辞退(退職,他道府県への異動等による)

退職や他の都道府県(仙台市を含む。)への異動等により,宮城県からの指定医の指定を辞退する場合は,以下の辞退届により申し出てください。

辞退届を申し出る際は,必ず指定医指定通知書(原本)を添付してください。

辞退届 [Wordファイル/50KB]

辞退届(記入例) [PDFファイル/214KB]

3-4.指定医の更新

現在受けている指定の有効期間満了日以前の12か月以内に更新申請を行ってください。

更新案内 [PDFファイル/523KB]

更新申請に必要な書類は以下のとおりです。

(1) 指定医指定申請書兼経歴書

指定医指定申請書兼経歴書 [Wordファイル/64KB]

指定医指定申請書兼経歴書(記入例) [PDFファイル/242KB]

(2) 医師免許証の写し

※氏名,医籍登録番号及び医籍登録年月日に変更がある場合

【提出及び問合せ先】
〒980-8570
宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県庁舎7階南側
宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室難病対策班

4. 診断書のオンライン登録(次期データベース)について

   診断書のオンライン登録(次期データベース)について,厚生労働省難病対策課より連絡がありました。
   令和4年度以降に稼働予定の次期データベースでは,医療意見書をデータ形式で取扱うことができる見込みです。
   内容については,次の厚生労働省難病対策課作成資料を御確認ください。

   難病小慢DB更改に関する情報共有 [PDFファイル/1.11MB]

   問合せシート及びFAQ [Excelファイル/263KB]

   令和2年12月に上のとおりお知らせしていたところですが,スケジュール変更等に伴い,令和3年6月に厚生労働省難病対策課より連絡がありましたので,改めてお知らせします。

   難病小慢DB更改に関する情報共有(R3.6更新版) [PDFファイル/1.2MB]

   別添資料 業務フロー図 [PDFファイル/203KB]

   問合せシート及びFAQ(R3.6更新版) [Excelファイル/272KB]

   上記資料について質問事項がございましたら,問い合わせシートに記載の上,下記メールアドレスまでご連絡ください。
   宮城県疾病・感染症対策課難病対策班メールアドレス:situkan-t@pref.miyagi.lg.jp 
   

   頂いたご意見は宮城県で集約し,厚生労働省難病対策課あてに報告いたします。
   ご意見への回答は,厚生労働省難病対策課からFAQの更新により行われる予定です。更新され次第,随時こちらのページに掲載いたします。


    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)