ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県道や河川等との土地境界を確認したいとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

土地境界確定手続の流れ (これから境界を確定する場合の手続)

土地境界確定手続の一覧表
(事前相談)まずは御相談を!
2土地境界確定申請書の提出当事務所で審査します。
3土地境界立会通知必要に応じて立会日・場所等を通知します。
4土地境界立会関係者全員で現地立会を行います。
5結果の通知境界について全員の合意が得られた場合、確定図を提出していただきます。合意が得られなかった場合は、不調の通知を行い、手続は終了します。
6確定図の提出

関係者が記名押印した境界確定図を、申請者の必要部数+1部(当所控え)提出していただきます。

7確定通知所長印で確定図を認証し、確定通知と共に返送します。
8境界標設置

境界杭等を現場に設置します。

土地境界確定証明手続の流れ(過去に境界確定済みの場合の手続)

土地境界確定証明手続の一覧表
1 (事前相談) まずは御相談を!
2土地境界確定証明書交付申請書の提出確定図(必要部数+1部)の添付が必要です。
3土地境界確定証明書の発行審査の結果、境界が過去の立会結果と相違なければ証明書を発行し、確定図と共に返送します。

※ 申請書類(各1部提出してください。)

  1. 土地境界確定申請書(PDF形式 [PDFファイル/57KB]Word形式 [Wordファイル/23KB]
  2. 位置図(申請箇所が確認可能なもの)
  3. 公図(法務局備え付けのもの)写し
  4. 現況実測平面図(縮尺250分の1~500分の1)
  5. 現況実測横断図(縮尺100分の1)
  6. 境界の確定を求めようとする土地の登記事項証明書
  7. 隣接土地所有者一覧表(PDF形式 [PDFファイル/40KB]Word形式 [Wordファイル/57KB]
  8. 現況写真(申請箇所が確認可能なもの(デジタルカメラで撮影したものでフルカラー印刷可))


本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)