ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉鷹の巣古墳群

指定文化財〈県指定史跡〉鷹の巣古墳群

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

鷹の巣古墳群(白石市)

【概要】

 白石市東部の鷹の巣丘陵・達平丘陵上にある古墳群で、40基ほどによって構成されている。最も大きいものは瓶ケ盛古墳で、主軸長56mの帆立貝式前方後円墳である。墳丘には埴輪が巡らされている。このほか、小型前方後円墳が3基あり、他は円墳である。
 昭和40年代に10数基の調査が行われ、木棺直葬・木炭郭・箱式石棺・横穴式石室といった多様な内部主体が検出された。出土遺物も土師器・須恵器のほか、石製模造品、直刀・鉄鐵などの武器類、各種玉・金環・銀環・銅釧などの装身具類などがある。古墳時代中期の5世紀頃から後期の7世紀頃までの長期にわたって築造されたと考えられる。

【関連史跡】

県指定史跡:かめ塚古墳(岩沼市)念南寺古墳群(色麻町)台町古墳群(丸森町)鳥屋八幡古墳(大和町)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1971年11月9日
所在地白石市鷹の巣字本木山ほか
見学自由
アクセス(車)東北道白石ICから15分 (鉄道)東北新幹線白石蔵王駅から車で10分

瓶ケ盛古墳