ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉鳥屋八幡古墳

指定文化財〈県指定史跡〉鳥屋八幡古墳

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

鳥屋八幡古墳(大和町)

【概要】

 大和町南東部の高さ約50mの丘陵尾根上に築造されたもので、現在2基が確認されている。径14~18m、高さ3m前後の円墳である。昭和41・42年に発掘調査が行われた。主体部はいずれも横穴式石室で、構造上若干の違いはあるものの、遺体を安置する玄室の平面形はともに胴張りの縦長である。また、玄室の入口にあたる玄門部に門柱状の大石を据えることも共通している。出土遺物は土師器・須恵器・現珀玉・金銅製品などであり、古墳時代後期の築造と考えられる。

【関連史跡】

県指定史跡:台町古墳群(丸森町)鷹の巣古墳群(白石市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1968年12月3日
所在地黒川郡大和町鶴巣鳥屋字天ヶ沢
見学自由
アクセス(車)東北道大和ICから10分

古墳