ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 東日本大震災 復旧・復興状況東松島市宮戸6分区で桃の収穫・初出荷セレモニーが行われました
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報石巻東日本大震災 復旧・復興状況東松島市宮戸6分区で桃の収穫・初出荷セレモニーが行われました

東松島市宮戸6分区で桃の収穫・初出荷セレモニーが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

(「東日本大震災 復旧・復興状況」に戻る)

 平成30年8月5日,東松島市奥松島地区の宮戸6分区で,桃の収穫・初出荷セレモニーが行われました。式には,担い手の「奥松島果樹生産組合いちじくの里」組合員のほか,東松島市をはじめとする関係機関職員が参加しました。

 奥松島地区では,東日本大震災からの復旧・復興に向け「奥松島地域営農再開実証プロジェクト」を進めており,ほ場整備を行った水田の一部を転作果樹園として活用しています。この取組のスタートとして,平成28年3月,宮戸6分区に桃とイチジクを植えました。
 桃の苗木を植えてから3年目に入り,本格的な実りがあったこの夏,地元の生産組合は念願となる初出荷を迎えました。宮城県内では,桃は直売所などで販売されていますが,市場に出荷されるのは今回が初めてのことです。
 着果した桃は約9,000個で,そのうち約6,000個を市場出荷や現地直売で地域内外へ売り出す予定です。実った桃は,糖度が15度から16度と,みずみずしく甘みのある品質となりました。

 尾形善久組合長は,セレモニーの中で,「昨年は着果した果実の7割以上が獣害を受けたが,今年は(獣害対策の効果もあって)多くの実りがあり,いい成果が出た。」と収穫の喜びを語りました。

 平成30年秋には,このプロジェクトの一環で栽培しているイチジクを収獲・出荷する予定です。

桃を収穫する尾形組合長の様子
収穫作業の様子

尾形組合長が収獲した桃をパッケージに詰め,市場の担当者に手渡す様子
市場担当者に出荷する桃を手渡しました

 

収獲された桃の画像
色が濃く,甘みの強い桃がなりました

 

関連記事

 

 

(「東日本大震災 復旧・復興状況」に戻る)

 

※桃をお求めの方は直接,直売所にお越しください(宅配販売は行っておりません)。

直売所は,奥松島縄文村歴史資料館に隣接するほ場で,不定期の開催となっております。

直売所の開催の有無について,当部ではお答えできませんのでご了承ねがいます。