ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

店舗販売業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月9日更新

概要

一般用医薬品を店舗において販売または授与を行う場合に申請するもの。

注意事項

  • 申請から許可までの標準的事務処理期間は、14日間です。
  • 許可の有効期間は6年間です。
  • 申請は営業所の構造設備が完成した後に申請してください。

提出書類

  • 申請書類一式 [Wordファイル/309KB]
    • 店舗販売業許可申請書
    • 店舗の構造概要 (別紙1~2)
    • 従事する薬剤師または登録販売者(別紙3)
    • 通常の営業時間 (別紙4~5)
    • 特定販売の概要(別紙6)
    • 薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令に基づく措置等について(別紙7)
    • 役員業務分掌表または役員組織図(申請者が法人の場合)
    • 診断書(申請者が法人の場合は業務を行う役員のもの)
      会社と併記される代表取締役以外の役員については疎明書でも可
    • 登記事項証明書(申請者が法人の場合)
    • 従事する薬剤師または登録販売者との使用関係証明書(申請者自身が従事する場合は不要)
    • 資格を証する書類の写し(原本を併せて持参ください)
    • 誓約書 [Wordファイル/35KB](すでに許可を取得している店舗に対して新たに許可を取得しようとする場合)

参考資料

提出部数

1部(控えも1部作成することをおすすめします)

手数料

29,000円(令和元年9月30日(月曜日)まで受付のもの※)

※令和元年10月1日(火曜日)以降の申請手数料は30,000円です。

  • 手数料分の収入証紙を許可申請書に貼付し、提出してください。収入証紙は、県庁売店、指定金融機関(七十七銀行など)等で購入できます。

受付時間と窓口

  • 平日(月曜日から金曜日まで)午前9時から午後5時まで

  • 店舗を管轄する保健所・支所(仙台市内は仙台市保健所)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)