トップページ > 健康・福祉 > 医薬・薬物 > 医薬 > 卸売販売業許可申請

掲載日:2021年8月1日

ここから本文です。

卸売販売業許可申請

概要

医薬品を薬局開設者等に対して販売または授与する場合に申請するもの。

注意事項

  • 申請から許可までの標準的事務処理期間は、14日間です。
  • 許可の有効期間は6年間です。
  • 申請は営業所の構造設備が完成した後に申請してください。

提出書類

申請書類一式(ワード:118KB)

  • 卸売販売業許可申請書
  • 営業所の構造概要(別紙1、2)
  • 医薬品医療機器等法施行規則第158条に基づく措置等について(別紙3)
  • 取扱い医薬品一覧表(特定品目卸又はサンプル卸の場合)
  • 登記事項証明書(申請者が法人の場合)
  • 営業所管理者との使用関係証明書(申請者自身が従事する場合は不要)
  • 資格を証する書類の写し(原本を併せて持参ください)
  • 誓約書(ワード:35KB)(すでに許可を取得している営業所に対して新たに許可を取得しようとする場合)

 

  • 医師の診断書(ワード:39KB)(※申請者(法人の場合は、薬事に関する業務に責任を有する役員を含む)が精神機能の障害により業務を適切に行うことができないおそれがある場合のみ提出すること。)

参考資料

※令和3年4月から、指定卸売医療用ガス類のみを取り扱う卸売販売業者の管理者として、「一般社団法人日本産業・医療ガス協会が認定する医療ガス情報担当者(MGR)の資格を有する者」を該当する者として認めることとしました。
なお、詳細については、薬務課トップページに掲載してあります審査基準を御確認ください。

提出部数

1部(控えも1部作成することをおすすめします)

手数料

30,000円

手数料分の収入証紙を許可申請書に貼付し、提出してください。
※収入証紙は、収入証紙売りさばき所で購入できます。詳しくは、会計課のホームページを御確認ください。

受付時間と窓口

平日(月曜日から金曜日まで)午前9時から午後5時まで

営業所を管轄する保健所・支所(仙台市内は県庁6階保健福祉部薬務課)

※仙台市内の事業所の皆様へ
薬務課への申請等に係る予約は、インターネット予約システムからお願いします。
(保健所・支所は非対応です。)

お問い合わせ先

薬務課監視麻薬班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県行政庁舎6階 保健福祉部薬務課

電話番号:022-211-2653

ファックス番号:022-211-2490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は