ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県道路整備プログラムについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月31日更新

 宮城県では,平成23年3月11日に発生した東日本大震災により,沿岸部を中心に全県域で極めて甚大な被害が生じたことから,同年10月に10年間の復興の道筋を示す「宮城県震災復興計画」を策定し,計画的な復旧・復興事業に取り組んできたところです。

 このたび,「宮城県震災復興計画」の次期計画として,「新・宮城の将来ビジョン」を策定し,県政運営の方針が見直されたことに伴い,土木・建築行政に関する事業の方向性を定める基本計画として「宮城県土木・建築行政推進計画(2021~2020)」を策定し,道路部門の個別計画として,県政運営の理念や基本理念の実現に向けた今後10 年間の道路のあり方を示す「宮城の道づくり基本計画」を策定いたしました。

 こうした背景を踏まえ,今後の10年間の宮城県における道路及び街路整備の方向性や具体的な事業箇所などについて示すものとして「宮城県道路整備プログラム」を策定しました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)