ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす福利課一般財団法人宮城県教職員互助会 会員資格・事業一覧

一般財団法人宮城県教職員互助会 会員資格・事業一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

一般財団法人宮城県教職員互助会

一般財団法人宮城県教職員互助会では,宮城県教職員等の教養を高めるとともに福祉の増進と生活の安定を図り,もって本県の教育文化の向上発展に貢献することを,目的としています。(互定款§3)

    *事業一覧へ    ←今年度の互助会の事業一覧をご覧になりたい方はこちらをクリック!

    *様式一覧へ    ←各種様式をダウンロードしたい方はこちらをクリック!

    *指定施設一覧へ ←施設利用券が使える施設をご覧になりたい方はこちらをクリック!

    一般財団法人宮城県教職員互助会が保有する個人情報に関する事項の公表について
       ↑互助会の個人情報保護に関する公表事項はこちらをクリック!

会員

1 資格(互運営規則§3)

 会員になることができる者は,次の各号に掲げる者とする。ただし,一般財団法人宮城県職員互助会の会員及び臨時的に任用された職員を除く。

  イ 公立学校共済組合宮城支部の組合員

  ロ 教職員互助会事務局の職員

  ハ 理事長が指定した団体の役員及び職員

  ニ 前各号の退職者

  ホ その他,前各号に準ずる者として理事会が承認した者

2 加入手続(資格取得)(互運営規則§4)

   会員の資格は,入会申込書を提出した日から取得する。

   入会申込の期限は,組合員,職員等となった日から3月以内とする。

3 資格喪失等(互運営規則§5)

   退職したとき

     ただし,国立大学法人,独立行政法人,県内の市町村等教育委員会及び本県の知事部局等へ転出したときは,本人の申出により,引き続き会員「継続会員」となることができる。

  ロ  死亡したとき

  ハ  公立学校共済組合宮城支部の組合員,教職員互助会事務局の職員又は理事長が指定した団体の役員及び職員でなくなったとき。

  ニ  脱会したとき

4 会員の権利義務(互運営規則§6,§7)

  【権利】

   イ 給付を受ける権利

   ロ 教職員互助会の事業に参加する権利

   【義務】

      イ 定款,規則,諸規程及び機関決定に服する義務

   ロ 掛金を納入する義務

 掛金

1 掛金の基礎となる給料(互運営規則§7,§13,§14)

イ 給料月額(給料の調整額及び教職調整額を含む。)

ロ 休職,停職,減給等の理由により,会員の給料の全部または一部が支給されない場合においても,掛金の基礎となる給料月額は,これを減額しないで算定する。

ハ 会員が職員の育児休業等に関する条例,職員の勤務時間,休暇等に関する条例等に基づく育児休業及び介護休暇により初日から末日にわたって勤務に服さない月があるときは,この月の掛金を免除する。

※ 平成27年度以降は,給与改定が遡及して適用された場合であっても,互助会掛金差額の徴収又は返納は行いません。また,介護休暇補給金の差額についても,給付又は返納は行いません。

2 掛金の算定(互運営規則§13,§14)

・掛金の基礎となる給料月額×1000分の8=掛金月額(円未満の端数切り捨て)

イ 掛金は毎月の初日における給料月額を標準として算定する。

ロ 月の初日以外の日に会員の資格を取得した者に係るその月の掛金については,その会員の資格を取得した日の給料月額を標準として算定する。

3 掛金の納入(互運営規則§13)

イ 給料の支給日に振込通知書により掛金を納入しなければならない。

ロ 掛金の納入は,会員資格を取得した日の属する月から資格喪失した日の前日の属する月までの各月とする。

4 市町村費負担教職員等に係る報告書

(1)掛金台帳
  掛金額及び会員の状況を的確に把握する基礎台帳として,毎年4月1日現在で作成し提出すること。

(2)掛金変更報告書

次に掲げる場合は必ず報告書を提出すること。

ア 昇級,昇格及び給与改定により給料月額に変更があったとき。

イ 入会,転入,転出,退職,脱退等により異動があったとき。

給付の時効(互給付規程§6)

給付は,その原因となる事実が発生した日から3年間請求をしなかったときは,時効によって消滅する。

事業

1 短期給付事業 [PDFファイル/116KB]     

<給付の種類>

2 厚生給付事業 [PDFファイル/56KB]  

<給付の種類>

  • 結婚祝金
  • 入学,卒業祝金
  • 銀婚祝金
  • 慰労給付金
  • リフレッシュ給付金
  • 単身会員特別給付金
  • 退会餞別金 

3 文化事業

  •  図書引換券の配布

  会員に図書引換券を配布。

  <助成額> 県内のみ通用券6,000円(1,000円券3枚・500円券6枚)

  <配布時期>4月

  <有効期間>4月から翌年3月末日まで

4 福祉事業

  • リフレッシュ実施利用助成

  会員又は家族が、リフレッシュのため指定施設等を利用した場合に利用料金の一部を助成。

  <助成額> リフレッシュ実施利用券 6,000円(1,000円券3枚,500円券5枚,100円券5枚)

  <配布時期>4月

  <有効期間>4月から翌年3月末日まで

 

   ・人間ドック助成金

  公立学校共済組合宮城支部が実施する人間ドックを受診したとき、継続会員等が人間ドックを受診したときに自己負担額の一部を助成。(一部を除き自動給付)

  <助成額> 1日コース・ケアドック   5,000円

                      宿泊コース         8,000円

 

5 公益事業

  • 教育文化事業 教育文化に関する事業を実施  

   宮城県図書館に図書を寄贈


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)