ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

過重労働対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

過重労働対策

長時間の時間外勤務は,仕事による心身への負荷を大きくするだけではなく,睡眠・休養の機会を減少させるため,疲労蓄積による健康障害が心配されています。
このため,長時間の時間外勤務により疲労が蓄積した労働者に対して,医師による面接指導を行うことが平成18年の改正労働安全衛生法により定められ,平成20年4月1日から,50人未満の所属にも適用されました。
宮城県教育委員会においても,職員に対する健康管理対策の実施を図るため,「宮城県教育委員会における職員に対する健康管理対策実施要領」を定め,実施しています。長時間の時間外勤務による健康障害防止のためには,教職員自身が自らの疲労度を把握・自覚し,積極的に自己の健康管理を行うことが大切であり,各所属の取組みも大事です。

疲労蓄積度チェックリストへのリンク <中央労働災害協会のホームページより>