ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

職種紹介:林業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月4日更新

令和2年12月4日更新 職員インタビューを掲載しました。

職務内容

県産材の利用拡大など林業・木材産業の振興,森林の整備・保全に関する業務や,木材や特用林産物,森林管理技術,優良種苗の安定確保など試験研究のほか,環境緑化や野生生物の保護管理などの業務を行います。

主な勤務課所は,本庁であれば林業振興課,森林整備課,自然保護課などで,地方機関であれば各地方振興事務所,林業技術総合センターになります。

宮城県の林業職を目指す皆さんへ [PDFファイル/979KB]

主な配属先1

林業振興課【本庁】

みやぎ森と緑の県民条例に基づく県内の森林づくり及び林業・木材産業の振興施策の企画立案や,森林の適正な管理・保全を図るための森林計画の策定,森林組合等林業の担い手の育成支援とともに,きのこ等特用林産物の生産振興を図っています。また,CLT等新たな木製品による県産材の利用拡大や木材流通対策,林業制度金融等を通じた県内木材産業の振興のほか,木材生産や森林管理に必要な林道の整備を行います。

主な配属先2

森林整備課【本庁】

木材供給や国土保全,二酸化炭素の吸収など森林の持つ多面的機能を高度に発揮するため主伐・再造林などの森林整備を推進するほか,松くい虫などの病害虫対策やスギ花粉症発生源対策の取組を行います。また,東日本大震災で被災した海岸防災林の再生,令和元年東日本台風による林地被害の復旧などの治山事業を行うほか,保安林の指定・解除,県有林の管理・経営などの業務も行います。

主な配属先3

地方振興事務所林業振興部(大河原・仙台・北部・栗原・東部・登米・気仙沼)【地方機関】

県内7圏域毎にある地方振興事務所の林業振興部では,森林所有者への林業経営指導や技術指導をはじめ,木材加工・流通業者に対する施設整備支援など,補助事業の活用を通じて林業・木材産業の生産流通合理化を図る取組を推進しています。

そのほかにも,森林整備,森林病虫獣害対策,栽培キノコなど特用林産物の生産指導,林地開発の規制や鳥獣保護管理,林道などの路網整備や治山事業など,林業振興から自然保護に至る幅広い事業を担っています。

主な配属先4

林業技術総合センター【地方機関】

県の試験研究機関の一つで,森林・林業の研修及び指導や試験研究成果の普及,林業技術の情報収集及び広報を担当する「普及指導チーム」,試験研究の総合的な企画調整や評価とともに自らも造林育種に関する試験研究などを行う「企画管理部」,森林保護・林業機械・林業経営に関する試験研究などを行う「環境資源部」,木材利用やきのこ等特用林産に関する試験研究などを行う「地域支援部」で構成されています。

職員インタビュー

【本庁】林業振興課 地域林業振興班 菅原 明祥(平成27年度入庁)

入庁から現在までの経歴
年度配属先
平成27年度~平成29年度北部地方振興事務所 林業振興部 森林管理班【地方機関】
平成30年度~令和元年度気仙沼地方振興事務所 林業振興部 林業振興班【地方機関】
令和2年度~林業振興課 地域林業振興班【本庁】

Q1 在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

1つ目は,森林計画という業務です。
森林には地球温暖化の防止など多くの機能がありますが,無秩序・無計画な伐採や開発は,森林の荒廃や災害の原因となります。
森林のさまざまな機能を長期的に発揮させ,県民の暮らしを支えるため,森林整備及び保全の目標等を定める地域森林計画を立てています。
2つ目は,普及指導という業務です。
各地方機関・研究機関と連携して,市町村や森林・林業に関わる事業体などに対して,地域林業の発展に必要な技術や知識の普及定着を図る活動を行っています。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

間伐等の森林施業に対して補助金を交付する事業を担当していた際のことです。
私は電話やメール,書類だけのやりとりだけでなく,できるかぎり現場に足を運ぶよう心がけていました。
そうしていたのは,現場の状況を実際に見ながら,事業体が持つ考えや抱える問題などを直接聞き取り,思いを共有するためでした。
伐採等作業の実務経験や現場を見る機会が少なかったため,自身の勉強のためでもありました。
後日,関わった事業体から「現場主義で一緒に考えてくれてありがたかった。」と言われたことはとても嬉しかったです。

Q3 日々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

仕事をする際に気をつけていることは3つあります。
1つは「はやく手をつける」ことです。
経験したことのない仕事や困難で時間がかかりそうな仕事でも,とにかく手を付けてみることで,作業の進め方や周囲に聞くべき点が見えてきます。
手をつけなければ何が分からないかも分かりません。
2つ目は「相手の立場にたつこと」です。
人に説明するときや何かお願いをするときに,相手がどう思うかを考えることは大切です。
経験を重ねた時ほど,分からない人の気持ちを想像するよう心がけています。
3つ目は「段取り8割」です。
仕事の事前準備の大切さを表す格言であり,日々言葉の意味を実感しています。

Q4 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

学校の持つ演習林施設では,泊まりこみの実習がありました。
実習内容は,数人で班を編成して,森林内で測量をしたり,施設内でデータ分析をしたりするものでした。
同級生と数日にわたって行動を共にするため,協調・傾聴する姿勢が養われました。
また,映画館でアルバイトをしていたことは,多様な顧客や働く仲間との関わりかたを学ぶ良い機会でした。
就職する前に,お金を稼ぐことの大変さや基本的な社会人としてのルールを教えてもらったことにも意味があったと思います。

Q5 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

生まれ育った宮城県の自然・森林を守り,将来に残していきたいと考えたからです。
また,東日本大震災で海岸林が失われるなど,被災した森林・林業の復興に携わりたいという思いもありました。
木は,植えてから収穫するまでに数十年かかります。
自分のした仕事の成果が何年先に見られるかもわかりません。
長期的な視点を持つ必要があり,自然相手のことで困難な部分もあるとは思いますが,その困難さにやりがいや魅力を感じ,ふるさと宮城県の林業職を目指しました。

Q6 宮城県職員を目指そうとしている方に一言メッセージをお願いします!

就活中は不安を感じ,悩むこともあると思いますが,自分自身と向き合い,たくさん考えて,自分でやると決めたことを信じてください。
試験対策は自分との戦いになりますが,他の人と話をしたり,試験対策以外のことをしたりして,たまには気分転換もしてください。
林業だけでも色々な職員がいて,他職種の職員もたくさんいて,多種多様な人と関わることができるのが県職員の魅力だと思います。
みなさんが選択し,決断した道を心から応援しています。

林業1 林業2地域森林計画書 林業3普及成果発表会

 

【本庁】森林整備課 治山班 岡田 萌(平成24年度入庁)

入庁から現在までの経歴
年度配属先
平成24年度~平成26年度仙台地方振興事務所 林業振興部 林業振興班【地方機関】
平成27年度~平成29年度東部地方振興事務所登米地域事務所 林業振興部 森林整備班【地方機関】
平成30年度~森林整備課 治山班【本庁】

Q1 現在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

治山事業を担当しています。
治山事業は,森林の維持造成を通じて,山地の崩壊や土石流,地すべりといった山地災害から県民の生活を守り,また,国土を守るための事業です。
治山班ではその中でも,県が行う治山事業全体の調整や,市町村が行う山地防災対策の支援,治山事業の実施に必要な各種基準の整備等を行います。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

工事を監督員の立場で担当する中で,現場の進捗管理や請負業者への指導のため,各種基準や技術について自主的に学習を行い,その経験を生かして,2級土木施工管理技士の資格を取得しました。
今後は実務経験を重ね,1級取得を目標としています。

Q3 これまでの業務で印象に残っていることを教えてください。

令和元年東日本台風による災害への対応が強く印象に残っています。
災害担当班のため,発災直後から各機関と連携して被災状況の把握,復旧事業の検討を進め,概ね年内に事業化を行うことができました。
調査に当たっては,国で借上げたヘリコプターに同乗し上空から被災状況の全容を確認し,また,現地事務所と協力して地上からも被災箇所の把握に努めました。

Q4 々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

人と調整を行う仕事のため,できるだけ円滑に話ができるよう笑顔で対応するよう心がけています。
また,いつも明るく対応できるよう,体調管理に気をつけています。

Q5 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

大学時代は森林科学を専攻していたため,林業という生業全体のイメージや考え方,用語等は違和感なく仕事を始めることができました。
しかしながら,実際の事務手続きの手法や現地調査については初めての内容が多く,仕事を始めてから学んでいく内容が多くありました。

Q6 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

大学で学んだ林業を生かせる職場で仕事をしたかったため,地元の宮城県職員を選びました。
願書の提出を控えた大学3年生の春休みに東日本大震災が発生し,地元に戻るとの思いを一層強く持ちました。

Q7 宮城県職員を目指そうとしている方に一言メッセージをお願いします!

林業という職種は,森林の造成から維持管理,利用,また,そこに生息する野生動物まで,幅広く山に関わって行くことができる職種です。
そのため,いろんな視点で山と関わることができ,広い視野を持つ事ができます。
また,激甚化する自然災害への対応といった,県民の安全安心に直結した仕事もあり,大変やりがいのある仕事です。

林業11造林検査 12現地調査 林業13現地調査 林業14

 

【地方機関】仙台地方振興事務所 林業振興部 森林整備班 山家 直之(平成26年度入庁)

入庁から現在までの経歴
年度配属先
平成26年度~平成28年度林業振興課 地域林業振興班【本庁】
平成29年度~令和元年度北部地方振興事務所 林業振興部 林業振興班【地方機関】
令和2年度~仙台地方振興事務所 林業振興部 森林整備班【地方機関】

Q1 現在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

木材生産や森林の管理等,林業において欠かすことの出来ない林道の整備工事や市町村が行う林道整備の技術指導等を行っています。
また,東日本大震災で被災した海岸防災林の再生に向けた防災林造成工事や,令和元年東日本台風等の災害により被災した渓流や森林の復旧・整備を行う治山事業の工事監督等に取り組んでいます。
被災箇所の早期復旧を図ることで,地域住民の安全確保や豪雨被害等の防止に寄与する仕事です。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

前事務所で林業振興業務を担当した際,事務所管内の再造林面積の拡大を図るため,これまで実施経験の無かった林業事業体等に対して,現地検討会や説明会の開催等を通じて,再造林の重要性や支援制度等について丁寧に働きかけた結果,新たに3者の事業体が再造林に取り組むこととなり,地域森林の持続的な更新につなげることができました。
長期的に取り組んだ仕事で成果を上げることができたこともあり,非常に達成感を得ることができました。

Q3 これまでの業務で印象に残っていることを教えてください。

平成30年度に新たに森林経営管理法が成立となり,翌年度からは森林経営管理制度の取り組みが始まるという時に,市町村の担当者と協力しながら,制度の推進に取り組んだことが印象に残っています。
新たに始まる制度ということもあり,自分自身も市町村担当者も何も分からないゼロからのスタートでしたが,関係者と積極的な意見交換を行いながら,県内でもいち早く森林所有者への意向調査等を着手することが出来ました。

Q4 日々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

日々の仕事をしていく上で,失敗して叱責を受けることや仕事が上手く行かず落ち込むこともありますが,その際に反省をした上で,決して後ろ向きにならず常にポジティブかつ前向きに笑顔で仕事に取り組むようにしています。
失敗等を省みることは重要ですが,必要以上に後ろ向きになってしまえば,仕事が楽しくなく,辛いものになってしまいます。
職員として多くの時間を仕事に費やす以上は,「明るく」「楽しく」「笑顔」で仕事に取り組むようにしています。

Q5 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

趣味の旅行を通して,宮城県内の様々な観光名所や名産品,歴史等について知ったことだと思います。
県職員として仕事をする中では,地域住民の方々との対話は欠かすことのできないものです。
その際,地域の名所等について知っているだけで,初対面の方々であっても最初から共通の話題となり,コミュニケーションツールとして,非常に役立っていると感じています。

Q6 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

高校生の頃,自宅の近所で大規模な山火事があり,慣れ親しんでいた山林が失われたのを目の当たりにしました。
山林の管理者が祖父であったことから,県の林業職員が何度も自宅に訪れ,失われた山林の復旧のために尽力していただいた姿を見たのがきっかけで,県職員に興味を持ちました。
その後,学生時代に,県のインターンシップに参加する機会があり,一週間ではありましたが,実際に職員の仕事を肌で感じることができ,県職員になりたいと強く思いました。

Q7 宮城県職員を目指そうとしている方に一言メッセージをお願いします!

林業職と一口に言っても,間伐等の森林整備や森林病害虫対策,住宅,建築にも関わる木材産業,治山林道といった森林土木分野,野生鳥獣の保護管理等,非常に幅広い分野の仕事に取り組むことができ,仕事を通して多くの学びや体験を得ることができます。
また,県土の大部分を占める山林に携わる林業職は,県民生活の根幹を支えていると言っても過言ではなく,非常にやりがいに溢れた仕事です。
宮城県を支える林業職の仲間入りを心待ちにしています。

林業21森林教育講師 林業22現場監督

林業33インターンシップ対応 林業34海岸林植樹

 

【地方機関】林業技術総合センター 地域支援部 目黒 渚(平成23年度入庁)

入庁から現在までの経歴
年度配属先
平成23年度~平成24年度森林整備課 森林育成班【本庁】
平成25年度~平成27年度仙台地方振興事務所 林業振興部 林業振興班【地方機関】
平成28年度~林業技術総合センター 地域支援部【地方機関】

Q1 現在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

現在の担当は,きのこや山菜など特用林産物を扱う研究業務で,放射性物質対策や新品種開発などの研究課題を受け持っています。
放射性物質対策では,主にしいたけ原木林の放射性物質濃度追跡に関する調査を行っており,県内の状況を継続的に把握することで,安全なきのこ流通に向けた一助になっていると考えています。
また,新品種開発では,宮城県の登録品種であるハタケシメジ「LD2号」の後継品種の開発を目指しております。
無事開発が完了し,品種の普及が進めば,今より手軽にハタケシメジを味わっていただくことができるようになるかもしれません。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

きのこ生産者さんに協力していただき,その施設で数年間に渡り,保温・保湿資材や栽培環境などを検討しながら,栽培試験を行ってきました。
その試験結果を踏まえ,別の生産者さんの施設でも実証試験を行ったところ,目標どおりのきのこが収穫でき,きのこの出来を喜ぶ言葉や翌年度も実施してみたいとお声がけをいただいた際には,試験が目標を達成した以上に,嬉しく感じました。

Q3 これまでの業務で印象に残っていることを教えてください。

現在も実施していますが,県内に30箇所設置した試験地に赴き,森林内から枝葉や土壌などの検体を採取してくる調査があります。
採取時期の都合上,調査開始が10月中旬からとなっており,終了するまでほぼ連日調査に向かいます。
日が進むに連れて,日没時間や落葉,降雪を心配しながら過ごし,調査終了後も検体の調整作業が続くこの時期の慌ただしさや緊張感は,今後も強く印象に残り続ける業務だと思います。

Q4 々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

細かいことですが,一日にやることをメモして,内容の重要性や期限から優先順位を決めて,終了したらチェックを付けながら,できるだけ効率的に業務を行えるよう気をつけています。
また,実施した業務の内容を復命書や作業記録としてこまめにとりまとめ,内部での情報共有や,過去の振り返りができるよう,整理を心がけています。

Q5 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

学生時代から森林・林業関係の知識・技術を学んでおり,その多くが現在の林業職としての仕事に生かされていると感じます。
森林・林業に関する専門用語や考え方などはもちろん,現在の研究担当となってからは,学生時代に受講した統計学に関する内容も必要となってきており,技術職だからこそ,これらの経験が無駄なく生かせるのではないかと思います。

Q6 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

初めから明確な目標があったわけではなかったのですが,学生時代に森林・林業を専門に学んでいたため,せっかくならこの経験を生かしたいと思い,林業関係の職業を検討していました。
また,できることなら出身地である宮城県で働きたいと考えていたこともあり,「宮城県」の森林・林業に携わり,少しでも役に立てればと思い,宮城県林業職員を志望しました。

Q7 宮城県職員を目指そうとしている方に一言メッセージをお願いします!

技術職は行政職よりも,より専門性が求められ,今までの経験を無駄なく生かすことができる職場です。
また,点としてひとつの森林ではなく,面として宮城県全体の森林に携わることができ,より多くの活躍の場が待っています。
皆様も,これまで学んできた様々なことを,これからの宮城県に役立てていただければ嬉しいです。

林業41簡易施設作業中 林業42菌糸分離

林業43検鏡 林業44萌芽枝採取

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)