ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

職種紹介:農業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月1日更新

令和2年12月1日更新 職員インタビューを掲載しました。

職務内容

農産物の生産技術や農業経営の普及指導など,地域の農業振興に関する様々な支援や品種開発,栽培技術等の試験研究を行います。

このほか,施策の企画立案やスマート農業の導入推進など,県全体の農業振興に関する業務を行います。

主な配属先1

農業振興課【本庁】

農業振興施策の企画・調整,農業技術の改良普及,農業経営の改善普及,農業の後継者・担い手の育成などを行います。

主な配属先2

農業改良普及センター(大河原・亘理・仙台・大崎・美里・栗原・登米・石巻・気仙沼)【地方機関】

生産者に対する農作物の生産技術改善の普及指導や,地域農業を担う組織の育成などを行います。

また,農作物の流通・利活用(加工)に関する普及指導や,スマート農業の導入に関する支援なども行っています。

主な配属先3

農業・園芸総合研究所【地方機関】

野菜の栽培技術,施設生産技術,農作業省力軽労化,土壌環境,植物栄養生理に関する試験研究を行います。

また,病害虫の発生予察及び防除,農作物の遺伝子診断技術の開発に関する試験研究も行います。

主な配属先4

古川農業試験場【地方機関】

水稲の新品種の育成,水稲・麦類・大豆の品種選定,原種・原原種生産業務を行います。

また,水稲・麦類・大豆の栽培方法,水稲直播栽培に関する研究を行います。

職員インタビュー

【本庁】農業振興課 経営構造対策班 泉井 亮平(平成25年度入庁)

入庁から現在まで経歴
年度配属先
平成25年度~平成27年度大河原地方振興事務所 農業振興部 兼 大河原農業改良普及センター【地方機関】
平成28年度~平成29年度気仙沼地方振興事務所 農林振興部 兼 本吉農業改良普及センター,
気仙沼地方振興事務所 農業振興部 兼 気仙沼農業改良普及センター【地方機関】
平成30年度~令和元年度北部地方振興事務所 地方振興部【地方機関】
令和2年度~農業振興課【本庁】

Q1 現在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

将来にわたって宮城県の農業・農地・農村を守るために,農業の担い手に農地を集め,効率的な農地利用による生産者の所得向上を支援する業務や,生産性の高い農業機械や施設の導入を支援する業務に携わっています。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

北部地方振興事務所勤務時,まったくの専門外である自動車等の製造業関連の業務を担当し,その中で現地の高校生を対象とした自動車の分解実習等を含めた研修会を開催し,非常に好評だったこと。
それまで製造業に興味関心のなかった高校生が,自分が企画した研修会によって,進路選択に何かしらの良い影響を与えられたなら開催してよかったと思います。

Q3 これまでの業務で印象に残っていることを教えてください。

気仙沼農業改良普及センター勤務時,4Hクラブという若手農業者団体の支援を担当しました。
赴任当時,クラブ員の一名が「意見発表」という部門で県大会に進むことになっており,そのスピーチ内容や方法について添削や助言を行いました。
全体の内容は変えず,構成する段落の順番や表現を変え,聞き手にとって印象深いスピーチとなるよう意識し,職員相手に練習を重ねた結果,県大会では優勝を,東北大会ではスピーチ部門の準優勝を獲得しました。
このことから,同じ内容でも発表の仕方によって聞き手にとっての印象が大きく変わるため,コミュニケーションの方法について意識するようになりました。

Q4 日々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

自分の中で優先順位を設けることを意識しています。
どんな仕事でも体が資本であることに変わりはなく,業務の順位は当然のことながら,プライベートでの時間の使い方や,体調管理など,少し先の自分の状態を考えながら,なるべく効果的な順番で物事に手を付けるよう気を付けています。

Q5 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

飲み会の幹事を経験していたこと。
大人数でなくとも,一定数の人の予定や日程を調整するためのコミュニケーション。
参加予定者に喜ばれるような店舗を設定するといった考察力と企画力,そしてユニークさ。
司会進行や参加費の徴収・取りまとめなどに対するリーダーシップ。
得手不得手あっても,何かしらの場面で役に立つと思います。

Q6 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

出身は青森県ですが,大学が仙台であり,暮らしやすかったのでそのまま残った形です。
また大学院では農業経済学を学んでいましたが,関連分野に従事することを考えた際に,公務員以外の選択肢がほとんどなかった事も大きな理由の一つです。

農業1 農業2

 

【地方機関】農業・園芸総合研究所 園芸環境部 土壌環境チーム 中村 佳与(平成24年度入庁)

入庁から現在まで経歴
年度配属先
平成24年度~平成26年度北部地方振興事務所 農業振興部 兼 大崎農業改良普及センター【地方機関】
平成27年度~平成29年度農林水産経営支援課【本庁】
平成30年度~農業・園芸総合研究所【地方機関】

Q1 現在の担当業務を教えてください。また,その仕事は県民の生活等にどのような関わりがありますか?

現在は,農業・園芸総合研究所で農業の研究に携わっています。
専門は土壌肥料で,宮城県の園芸品目の生産について土壌の面から支えられるよう研究を行っています。

Q2 やりがいがあった,嬉しかったというエピソードがあれば教えてください。

今までに3箇所の部署を経験しましたが,どの部署の仕事でも県民の生活に密接に結びついていることが感じられるのでやりがいは常に感じています。
現在は試験研究ですが,将来的に現場で役に立つような技術の確立を目指して研究を行っています。

Q3 日々,どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

現在は育児のための部分休業制度を利用し,勤務時間を短縮して業務を行っています。
このため,業務は優先順位をつけて効率的に行うことを心がけています。

Q4 学生時代の経験が生かされていると思ったことは?

現在は,学生時代に専攻していた研究分野と同じ分野の研究をさせていただいているので,学生時代に学んだことが直接現在の業務につながっていると感じています。
また,学生時代にお世話になった先生方や先輩などとのつながりは現在の業務を行う上でとても大切なものとなっています。

Q5 宮城県職員を目指した理由を教えてください。

私は他県出身ですが,大学が宮城県にあり,学生時代は宮城県で過ごしていました。
大学卒業後は宮城県外で異なる仕事をしていたのですが,結婚を機に宮城県職員を目指しました。
その理由として,宮城県に愛着を感じていたことや東日本大震災で大きく被害を受けた農業の復興に貢献したかったことがあげられます。
また,家庭と両立ができ,女性が活躍できる点も選んだポイントです。

Q6 宮城県職員を目指そうとしている方に一言メッセージをお願いします!

宮城県職は様々な業務があるので,色々なことを経験することができ,自分自身が成長することのできる職場だと感じています。
また,チームで仕事をすることも多いのですが,職場の雰囲気も良く,働きやすい職場です。
是非一緒に働いてみませんか?

農業3 農業4