ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

麻薬卸売業者免許について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月17日更新

   麻薬卸売業者

 県内の麻薬小売業者,麻薬診療施設の開設者又は麻薬研究施設の設置者に麻薬を譲り渡すことを業とするもの。

免許申請

 医薬品の販売業の許可を受けている者であって,自ら薬剤師であるか若しくは薬剤師を使用しているものまたは薬局開設の許可を受けている者でなければ麻薬卸売業者免許を受けることができません。
 ※麻薬卸売業者の営業形態は医薬品医療機器等法の規定による卸売販売業に該当します。

 申請する際は,かならず麻薬貯蔵設備の工事着工前に,図面を準備して窓口に相談してください。

申請に必要な書類

  □ 免許申請書 [Wordファイル/58KB] (記入例) [Wordファイル/59KB]

  □ 診断書 [Wordファイル/46KB]

    (診断日から1ヶ月以内のもの)

  □ 医薬品販売業許可証の写し

  □ 麻薬貯蔵設備の場所を明示した業務所の平面図

  □ 麻薬貯蔵設備の構造概要図(平面図,断面図,警報設備,配線図等)

  □ 業務所付近の見取図

  □ 手数料:宮城県収入証紙 15,400円分 

  申請者が法人の場合は,下記の書類も必要となります。

  □ 登記事項証明書
    (発行日から1ヶ月以内のもの)

  □ 組織図(業務分掌表) 

  ※ 法人の場合は,代表者及び麻薬業務に携わる役員全員の診断書が必要になります。       

各書類の作成に係る注意事項

  1. 「許可又は免許の番号」には,医薬品医療機器等法の規定による医薬品販売業許可証の番号とその許可年月日(有効期間の開始年月日)を記入してください。
  2. 「申請者の欠格条項」の各欄には,当該事実がない場合には「なし」(役員が複数いる場合は全員なし)と必ず記入し,ある場合には次のとおり記入してください。
    • 「(1)」欄には,その理由及び年月日
    • 「(2)」欄には,その罪・刑の確定年月日及びその執行を終わり,又は,執行を受けることがなくなった場合はその年月日
    • 「(3)」欄には,その違反の事実及び年月日
    • 「(4)」欄には,「受けている」
  3. 「備考」欄の免許・許可種別においては,該当する箇所を○で囲んでください。
  4. 左下部分の「年月日」は,申請書の提出日を記入してください。
  5. 「住所」には,開設者の住所(法人にあっては,主たる事務所の所在地)を記入してください。

 添付書類の省略

 麻薬に関する免許は,有効期限の満了毎に新規申請をする制度となっているため,以前に提出済の書類であっても,添付書類の省略はできないので,全ての添付書類について添付してください。

 ただし,申請者が同時に複数の施設について申請を行う場合,同時に医薬品販売業許可申請を行う場合は,診断書,登記事項証明書は,複数の施設のうち一方に原本を提出し,他方にはその写しを提出することで差し支えありません。
 その際は,申請書の備考欄に提出年月日,提出先を記載してください。
 (例:原本は,平成○○年○月○日△△保健所への●●(株)□□営業所麻薬卸売業者免許申請に添付済み)

 麻薬卸売者免許証記載事項変更届

 免許証の記載事項に変更が生じた場合には,15日以内に免許証を添えて届出しなければなりません。

  1. 営業者の住所(主たる事務所所在地)を変更したとき
  2. 営業者が氏名(法人名称)を変更したとき
  3. 業務所の名称を変更したとき

 ※ 業務所を移転する場合は,あらたに免許を受ける必要があります。

 ※ 住居表示の変更により住所や所在地の表示が変わる場合は,届出する必要はありません。

 届出様式:記載事項変更届 [Wordファイル/52KB] (記入例) [Wordファイル/27KB]

麻薬営業者役員変更届

 申請者が法人で,業務を行う役員に変更があった場合には,15日以内に届出しなければなりません。

届出に必要な書類

 □ 麻薬営業者役員変更届

 □ 登記事項証明書

 □ 組織図(業務分掌表)

 □ 診断書

届出様式:麻薬営業者役員変更届 [Wordファイル/44KB]

麻薬卸売業者廃止届

 免許の有効期間中に,次の事項が生じた場合は,15日以内に免許証を添えて届出しなければなりません。

  1. 麻薬の卸売業務を廃止したとき(有効期間満了をもって業務を廃止する場合も含む)
  2. 業務所を廃止(移転)したとき
  3. 営業者が変わるとき
  4. 営業者が死亡したとき(相続人が手続きする必要があります。)
  5. 営業者法人が解散したとき

※ 廃止の届出を行う場合は,同時に,所有麻薬届の提出が必要となります。

 届出様式:麻薬業務(研究)廃止届 [Wordファイル/23KB]

麻薬卸売業者免許証返納届

 次の事項が生じた場合は,15日以内に免許証を添えて届出しなければなりません。

  1. 有効期間が満了したとき(有効期間満了後も新たな免許を取得し,麻薬卸売業務を継続する場合)
  2. 行政処分により,免許を取り消されたとき

 届出様式:麻薬取扱者免許証返納届 [Wordファイル/47KB]  (記入例) [Wordファイル/51KB]

麻薬卸売業者免許証再交付申請書

 麻薬卸売業者免許証を棄損し,又は亡失したときは,15日以内に,免許証の再交付を申請しなければなりません。

申請に必要な書類

  □ 再交付申請書 [Wordファイル/50KB]

  □ 手数料:宮城県収入証紙 3,000円分

  △ 棄損した場合は,麻薬卸売業者免許証

  ※ 再交付を受けた後,亡失した免許証を発見したときは,15日以内にその免許証を返納しなければなりません。 

麻薬卸売業者半期報告書について

麻薬卸売業者は半期(6月及び12月)ごとに,その期間の満了後15日以内(7月15日及び1月15日)に麻薬の受け払いの状況を報告しなければなりません。

報告様式:麻薬卸売業者半期報告書 (令和元年6月更新) [Excelファイル/60KB]]

提出先及び提出部数

  【提出先】

  管轄する保健所・支所(仙台市内にあっては県庁薬務課)

  【提出部数】

  正副2部(仙台市内にあっては正本のみ)