トップページ > しごと・産業 > 水産業 > 水産業 > くろまぐろの漁獲管理について

掲載日:2020年1月28日

ここから本文です。

くろまぐろの漁獲管理について

くろまぐろ大型魚の採捕停止命令が発動されました

  • 本県の漁船漁業等では令和2年3月31日まで、くろまぐろ30キログラム以上の大型魚を採捕できません。
  • 命令に違反した場合には、罰則の対象となります。

宮城県告示第65号の内容

知事管理量に係るくろまぐろの採捕の停止に関する規則(平成31年宮城県規則第10号)第2条第2号に規定する県計画において定める漁船漁業等に係る30キログラム以上のくろまぐろの採捕の数量が、当該くろまぐろの管理期間(平成31年4月1日から令和2年3月31日まで)における知事管理量を超えるおそれが著しく大きいと認めるので、同規則第3条第2号の規定により告示する。

なお、この告示に係る当該くろまぐろの採捕の停止期間は、令和2年1月28日から令和2年3月31日までとする。

令和2年1月28日

宮城県知事 村井 嘉浩

知事管理量に係るくろまぐろの採捕の停止に関する規則(PDF:88KB)

宮城県くろまぐろ速報

宮城県では、くろまぐろの漁獲状況や規制の状況など、くろまぐろの漁獲管理に関する情報を随時「宮城県くろまぐろ速報」で配信しています。

宮城県のくろまぐろの漁獲実績について

海洋生物資源の保存及び管理に関する法律第8条第2項に基づくくろまぐろの採捕の数量の公表について

2020年1月18日現在の第5管理期間の宮城県のくろまぐろの漁獲実績は、小型魚が30.0トン(消化率50%)、大型魚が6.9トン(消化率35%)です。

助言・指導・勧告、採捕の停止命令の発出状況(宮城県関係)

助言・指導・勧告、採捕停止命令の発出状況
  漁業の種類 発出状況
小型魚 定置漁業

発出されていません。

漁船漁業等

発出されていません。

大型魚

定置漁業

発出されていません。

漁船漁業等

【採捕停止命令】
くろまぐろをとることを目的とする採捕をしてはならない。

※ 発出基準
助言:本県の漁獲枠の7割を超過時
指導:本県の漁獲枠の8割を超過時
勧告:本県の漁獲枠の9割を超過時
採捕の停止命令:本県の漁獲枠の9割5分を超過時

くろまぐろを漁獲または再放流した場合は管理野帳に記入し県に提出して下さい。

くろまぐろの漁獲管理

太平洋くろまぐろ資源の回復を図るため、我が国では、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の国際合意に基づき、漁獲上限が小型魚(30kg未満):3757トン、大型魚(30kg以上):5,132トンに設定され、漁獲管理が行われています。

2018年7月1日からは、TAC法に基づくくろまぐろの漁獲管理が始まりました。宮城県においても、「宮城県の海洋生物資源の保存及び管理に関する計画第1の別に定める「くろまぐろ」について」を定め、漁獲管理を行っています。

宮城県のくろまぐろ第5管理期間の漁獲枠
  小型魚(30kg未満) 大型魚(30kg以上)
定置漁業

53.0トン

14.6トン
漁船漁業等(10t未満の大目流し網、刺し網、沿岸くろまぐろ漁業 他) 7.3トン 4.9トン
合計(留保分のぞく) 60.3トン

19.5トン

遊漁者・遊漁船業者の皆様へ

お問い合わせ先

水産業基盤整備課資源環境班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-2944

ファックス番号:022-211-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は