ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

麻しん(はしか)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月28日更新

麻しんが発生しています

 関東及び近畿地方を中心に麻しん患者が報告されています。
 日本は麻しん排除国となっておりますが,海外で麻しんが流行しているため,海外で感染し,日本に帰国後に発症する事例が確認されています。
 大型連休中に,海外旅行や国内の流行地に行かれた方で,麻しんが疑われる症状が現れた場合には,事前に医療機関に連絡し,指示に従って受診をして下さい。
 麻しんの予防には予防接種が有効です。御自身の予防接種歴を母子健康手帳等で確認しておきましょう。

仙台市内における麻しん患者の発生

 添付しております仙台市記者発表資料のとおり,仙台市保健所管内で麻しん患者が発生しました。

 仙台市保健所が調査を行った結果,以下のとおり,当該患者が亘理町を訪問し,不特定多数の方と接触した可能性があることが判明し,同市から宮城県に情報提供がありました。

 これを受けて,宮城県では,当該患者と接触した可能性がある方からの相談に対応するために,電話による相談窓口を設置しましたのでお知らせします。

 令和元年5月24日仙台市記者発表資料 [PDFファイル/239KB]

不特定多数の方と接触した可能性がある施設

 (1)施設名

   亘理町役場(亘理郡亘理町字下小路7-4)

   町民生活課,健康推進課,子ども未来課,会計課

 (2)対象日時

   令和元年5月22日(水曜日)午後1時から午後4時まで

電話相談窓口

 (1) 設置期間

   令和元年5月24日(金曜日)から6月7日(金曜日)まで

 (2) 受付時間

    平日:午前8時30分から午後5時15分まで

    土日:午前9時から午後5時まで

 (3)窓口一覧
受付窓口電話番号管轄
宮城県塩釜保健所岩沼支所0223-22-2189名取市,岩沼市,亘理町,山元町
宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室022-211-2632上記以外

※亘理町役場は本件の相談窓口ではありませんのでお間違えのないようお願いいたします。

※仙台市内在住の方は上記の仙台市記者発表資料に記載されている窓口に御連絡願います。

麻しんが疑われる症状を発症した場合の注意事項

 (1) 必ず事前に医療機関に電話連絡の上,医療機関の指示に従って受診してください。

 (2) 受診の際は,周囲の方への感染防止のため,公共交通機関等の利用は避けてください。

 (3) 本件以外の麻しんに関する一般的な相談は最寄りの保健所に御連絡下さい。

麻しんとは

 麻しんは麻しんウイルス(measles virus)による感染症です。
 感染力は非常に強く,免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています。
 予防接種の徹底により患者数は激減していますが,最近は,麻しんが流行している国への渡航歴のある方が,国内で発症しその接触者からの患者発生が続いていますので,母子健康手帳で予防接種歴を確認しましょう。

医療機関を受診する方へ 

 麻しんが疑われる場合は,事前に医療機関へ電話で連絡し,医療機関の指示に従い受診してください。

<麻しんが疑われる場合>
・麻しんワクチンの接種歴がない
・発熱(38℃以上),咳,鼻水,眼球結膜の充血等の症状がある
・10~12日前に海外や,人が多く集まる場所に行っていた,周りに麻しん患者がいる,麻しん患者と接触がある

感染経路

空気感染,飛沫感染,接触感染により感染します。 

空気感染:空気中を漂うウイルスを吸い込むことによる感染
飛沫感染:患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる感染
接触感染:ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる感染

 麻しんは感染性が非常に高く,コンサート会場や体育館等広い場所であっても,免疫がなければ同じ空間にいるだけで感染し発症する危険性が高くなります。
 発症した人が周囲に感染させる期間は,症状が出現する1日前(発疹出現の3~5日前)から発疹出現後4~5日程までです。なお,感染力が最も強いのは症状が出てから発疹出現前の期間です。

症状

 麻しんに対する免疫をもっていない人の体内に麻しんウイルスが侵入すると,体の中でウイルスが増殖しはじめます。
 増えたウイルスは血流等にのって全身にひろがりますが,この間は無症状で(潜伏期と言います),その期間はおよそ10~12 日間です。
 潜伏期の後,38℃台の発熱,せき,鼻水,めやに,目が赤くなる,体がだるいといった症状が出はじめ,症状は4~5日間続きます。この時期をカタル期と呼びます。この時期の症状は麻しんに特徴的なものではありませんので,かぜと診断されることもよくあります。
 
 その後,口の中の粘膜に白いぶつぶつができはじめます(コプリック斑と呼んでいます)。コプリック斑が見つかると,病院で麻しんと診断されます。しかし,このコプリック斑は数日で消えてしまいます。
 コプリック斑が口の中にあらわれると,熱は37℃台くらいに一時的に下がりますが,その期間は短く,ほとんどの人は翌日から首すじや顔に発しんが出はじめるとともに,熱は再び上昇し39~40℃台の高熱となります。
 発しんは1~2日のうちに胸,腹,背中,手足へと広がります。39~40℃台の高熱は,その後3~4日続き,発症から考えると1週間から10 日くらいの期間,38℃以上の熱が出ていることになり,入院を要することもまれではありません。

 麻しんは,その経過中で発熱する1日前くらいから他者への感染力が生じるといわれていますので,知らないうちに多くの人に麻しんをうつしてしまうことになりかねません。
 カタル期の感染力が最も強いと考えられていますので,麻しんの疑いがある場合には,早期に対処をすることが重要です。

予防方法について

 手洗いやマスクのみでは予防は出来ません
 麻しんワクチン接種で麻しんに対する免疫をあらかじめ獲得することが有効です。


 予防効果を確実なものにするには,2回の接種が必要です。
 ※予防接種法により,定期接種の機会が設けられています。
  【定期接種の対象者】 第1期 : 生後12月から24月の間(1歳児)
                第2期 : 小学校入学前の一年間


○麻しんの罹患歴やワクチンの予防接種歴が明らかでない場合や海外渡航を計画している方は,予防接種を検討してください。

○麻しん患者に接触した場合,72時間以内に麻しんワクチンの予防接種をすることも効果的であると考えられています。
  

○定期接種前(一歳未満)のお子さんと接する機会の多い人が麻しんを発症した場合,そのお子さんに感染する可能性が高いため,同様に予防接種についてかかりつけの医師にご相談ください。

治療

 特別な治療法はなく対症療法が中心に行われます。
 また,中耳炎や肺炎など細菌性の合併症を起こした場合には,抗菌薬の投与が必要になります。

麻しん患者の発生状況

令和元年(平成31年)麻しん発生状況一覧
2009年2010年2011年~2016年2017年2018年2019年

届出数

(うち仙台市)

9

(3)

3

(2)

0

2

(0)

0

4

(3)

関連リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)