トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 感染症予防 > 感染症情報(インフルエンザ予防)

ここから本文です。

感染症情報(インフルエンザ予防)

インフルエンザ予防について

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃以上の発熱、咳、のどの痛みに加えて、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れます。

特に持病のある方や乳幼児、高齢者は重症化することもあるので注意が必要です。

 

予防のポイント

1.ワクチン接種

ワクチン接種は、発病する可能性を低減させる効果と、重症化防止に有効です。

インフルエンザワクチンの接種については医療機関にお問い合わせください。

 

2.咳エチケット

咳やくしゃみの際に口から発生されるしぶきが主な感染経路です。普段から以下のことを心がけましょう。

  1. 咳やくしゃみをするときはハンカチなどで口・鼻を覆う
  2. 咳が出るときはマスクを着用する
  3. 手のひらで咳やくしゃみを受けた時はすぐに手を洗う

 

3.手洗い・うがい

流水・石けんによる手洗いは、手指についたインフルエンザウイルスの除去に有効です。アルコール製剤による手指消毒も効果があります。特に外出後は手洗い・うがいを徹底しましょう。

 

4.室内を適度な湿度に保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを活用し、適切な湿度(50~60%)に保つことも効果的です。

 

5.十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

 

6.流行時には人混みなどへの外出を控える

パンフレットはこちらです。

宮城県感染症情報~インフルエンザに注意しましょう~(PDF:412KB)

 

 

 

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は