ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

疥癬を予防しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月16日更新

疥癬とは

  1. 原因

ダニの一種であるヒゼンダニが皮膚に寄生することでおこる皮膚病です。

  1. 感染経路

直接的な接触感染の他に,衣類やリネン類等から間接的に感染する例もあります。

  1. 症状

腹部,胸部,大腿などに紅斑(こうはん),丘疹(きゅうしん),鱗屑(りんせつ),激しいかゆみなどが生じます。

  1. 治療

皮膚科医の指示に従い,飲み薬や塗り薬を使用します。

 

疥癬の種類
 通常疥癬

角化型疥癬

(ノルウェー疥癬)

ダニの寄生数1,000以下100万~200万
患者の免疫力正常低下している
感染させる力弱い非常に強い→集団感染を引き起こす可能性あり
主 な 症 状赤い湿疹(小丘疹),疥癬トンネル厚い垢が増えたような状態(角質増殖),疥癬トンネル
部   位手指,胸,腹,太もも手,足など

 

平時の対応

早期発見と早期治療が重要です。

皮ふの状態をよく観察し,以下に一つでも該当する場合は,医療機関を受診しましょう。

□ 夜間に強くなるかゆみがある

□ 皮ふに湿疹やしこりがある

□ 身近に同じような症状のひとがいる

 

発生後の対応

 参考資料

 ■ 高齢者介護施設における感染対策マニュアル2019年3月改訂版(厚生労働省HPにリンク)

  5 個別の感染対策

  1)個別の感染症の特徴・感染予防・発生時の対応

  (3)疥癬(疥癬虫)・・・・・・・・・・57~58ページ

 

 ■ 地域ケアにおける疥癬対応マニュアル(東京都多摩立川保健所HPにリンク)

 

お問合せ

 気仙沼保健福祉事務所(気仙沼保健所)  疾病対策班  (電話) 0226-22-6662

                     成人・高齢班   (電話) 0226-22-6614

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。