ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

感染症情報(腸管出血性大腸菌感染症)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月5日更新

腸管出血性大腸菌感染症予防について

 腸管出血性大腸菌感染症は,毎年初夏から初秋にかけて流行しています。 

 これから流行することが予測されますので感染しないよう注意してください。

 腸管出血性大腸菌感染症とは,ベロ毒素を産生する病原性大腸菌による感染症で,感染してからおおよそ3~5日後に激しい腹痛と下痢(水様便・血便)を発症することが多いです。無症状や軽症で終わることもありますが,重症化することがあり,時に死に至る場合もあります。特に子どもやお年寄りでは重症化しやすいので注意が必要です。

 ※詳細は宮城県感染症情報~腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう~ [PDFファイル/316KB]をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)