ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農林水産業全般 農林水産業全般令和2年度農林水産祭内閣総理大臣賞の受賞者による副知事表敬について

令和2年度農林水産祭内閣総理大臣賞の受賞者による副知事表敬について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月14日更新

 令和2年度農林水産祭において、本県水産加工業者及び農業関係団体が栄えある「内閣総理大臣賞」を受賞したことに伴い、1月13日(水曜日)に受賞者が遠藤副知事を表敬訪問し、受賞報告が行われました。

 農林水産祭とは、国民の農林水産業と食に対する認識を深めるとともに、農林水産業者の技術改善及び経営発展の意欲を高めるため、昭和37年から実施されているものです。

 今回の農林水産祭で表彰された天皇杯、内閣総理大臣賞及び日本農林漁業振興会会長賞の三賞は、過去1年間(令和元年7月から令和2年6月)の農林水産祭参加表彰行事において、農林水産大臣賞を受賞した465点の中から、7部門(農産・蚕糸、園芸、畜産、林産、水産、多角化経営、むらづくり)ごとに授与されました。

 水産部門で受賞した末永海産株式会社(石巻市)の末永代表取締役からは「創業45年に渡る長年の取組を評価いただいたと感じている。今後も石巻市の海産物を全国に広めていけるよう積極的に取り組んでいきたい」、むらづくり部門で受賞した湯原集落協定(七ヶ宿町)の山田代表からは「農家のみならず、集落全体で環境整備となりわいを成立させるため集落づくりに励んできた。高齢化、人口減少の最中ではあるが,これからも集落一丸となって頑張りたい」と受賞のことばをいただきました。

 遠藤副知事は「この度の受賞はコロナ禍の影響による農林水産物の需要の落ち込みや東日本大震災からの復興途上にある中で、本県の農林水産業に携わる方々への励みとなる」と祝辞を述べました。

水産部門

(水産部門:写真左から)末永海産(株) 末永営業部長/遠藤副知事/末永海産(株) 末永代表取締役/石田水産林政部次長

むらづくり

(むらづくり部門:写真左から)佐藤農政部長/湯原集落協定 梅津会計/遠藤副知事/湯原集落協定 山田代表/七ヶ宿町農林建設課 東根課長

お問い合わせ先

各部門のお問い合わせについては、下記にお願いします。

(むらづくり部門)農政部農山漁村なりわい課農山漁村調整班 電話:022-211-2657

(水産部門)   水産林政部水産業振興課販路開拓支援班  電話:022-211-2954